愛知淑徳大学国際交流センター

文字サイズ

標準
English

複数学位取得プログラム
-天津外国語大学(中国)-

愛知淑徳大学と中国の天津外国語大学の双方に在籍し、原則として2年間を本学で学んだ後、残りの2年間を留学先の天津外国語大学漢語国際教育専攻で学びます。両大学から学位(学士)を取得でき(ダブルディグリー)、最短4年間で卒業可能です。
天津外国語大学では通常の学部の授業を履修し、単位を修得するので、高い語学力が要求されます。派遣人数は3名で、学内選考試験を経て、合格した学生が派遣されます。複数学位取得留学生は本学の学納金を納めることにより、天津外国語大学の授業料は免除されます。
このプログラムは、2007年度より実施されている歴史あるプログラムで、2019年度までに本学の学生16名が、本プログラムにより両大学の学位を取得しました。

出願要件

  • 1・2 年次に中国語を精⼒的に学修し、複数の学位を取得する意欲のある学⽣
  • GPA(通算)2.3ポイント以上
  • HSK4級以上、もしくは語学科⽬の GPA2.3 以上
  • 2年⽣後期終了時点で70単位以上修得⾒込みであること

複数学位取得プログラムによる留学までの流れ

冬季派遣(学部2年次2月) タスク
随時(1年次より)
  • 情報収集する

    国際交流センターで個別留学相談ができます。(予約制

学部2年次
6月上旬
  • 国際交流センター公式TeamsおよびCampusSquareに募集要項・様式等が掲載されるので、ダウンロードする
9月中旬
  • 学内選考試験に出願する
9月下旬
  • 学内選考試験を受験する
11月上旬
  • 学内選考試験の結果通知(郵送)
11月~1月
  • 留学オリエンテーションに参加する(複数回・参加必須)
  • 渡航手続き・ビザ申請を行う
  • 複数学位取得留学生認定式に出席する
2月~学期開始前
  • 出発
学期終了後随時
  • 帰国

PAGE TOP