ディプロマ・ポリシー

研究科

文化創造研究科

(1)博士前期課程

 高度な知識・技術を有する専門的職業人を養成することを主眼にするとともに、現代社会が要請する科学技術と精神文化との融合のあり方について、文化創造という観点から様々な課題の解決に向けた提案を行いうる人材を育てる。
 そのために、1年または2年以上在学して必要な研究指導を受けた上で、30単位以上を修得し、修士の学位論文(以下、「修士論文」という。)の審査および学位試験に合格することをもって修了要件とする。修士論文は学術または教育的価値によって評価する。
 なお、領域または専攻分野によっては、作品制作をもって修士論文に代えることができる。その場合は、あらかじめ領域としての認定を要することとする。

(2)博士後期課程

 前期課程での学修・研究成果を踏まえて、専門分野における研究を一層深化発展させることにより、時代の要請に応える特に高度な技術・識見を有する専門職業人を養成するとともに、自立して活動ができる研究後継者を育成する。
 そのために、原則として3年以上在学して必要な研究指導を受けた上で、博士の学位論文(以下、「博士論文」という。)の審査および学位試験に合格することをもって修了要件とする。ただし、2017年度以降の入学または進学者は、さらに研究指導担当教員の授業科目の履修により12単位以上を修得しなければならない。博士論文は、原則として一つの課題について考究したものであって、体系性を有しかつ独創的なものでなければならず、その学術的価値によって評価する。

教育学研究科

 教育学研究科は、「新しい時代の教育に対応できる教員をはじめとする教育界の指導的人材の育成を目指す。そのため、人間の発達や教育に関する幅広く高度な専門的知識を修得し、それに基づいて、問題を論理的に分析し考察する研究能力を身につけるとともに、子ども一人ひとりの特性に応じたきめ細かな指導を行うことができる卓越した実践能力を培うことを目的」(学則「愛知淑徳大学大学院教育学研究科規程」第2条)としている。そのため、本研究科では、子ども発達専修と教育学専修の2つの専修を設け、前者は人間の成長発達とその促進という面から、後者は教育活動の最も中心となる学校教育という面から、それぞれに応じた深い学修・研究を行う。さらにこの2つの面を有機的に関連づけることで、人間の発達や教育について幅広くより深く理解する。
 どちらの専修においても、入学後に研究指導教員を定め、その指導のもとに研究計画・履修計画を作成し、2年もしくは1年以上在学して30単位以上を修得し、修士の学位論文の審査および学位試験に合格することをもって修了要件とする。
 このような本研究科での学修は、教育に携わる者として、文化や性別、年齢、障がいの有無など、人間が本来有する個性や多様性を認めつつ、互いの共通項に目を向けて、違いを活かし合い、共に生きることの意義を次代を担う子どもたちに教え伝える力を身につけることになるであろう。本研究科が目指しているのは、こうした「違いを共に生きる」ことができる社会に向けて、子どもを温かなまなざしで見つめつつ冷静に対応できる小学校教員をはじめとする教育界の指導的人材の育成である。

心理医療科学研究科

(1)心理学・社会福祉学コース

 博士前期課程では、培った心理学に関する広い学識をもとに、多様な場面への専門性を活かした社会貢献が望める人材、また、人間に関する科学的理解に基づいて、新たな福祉のニーズを開拓し、それらに対して新しい支援を開発すると共に、社会福祉に関するより高度な専門的知識と技能を有し、多様な社会的支援をより有効に活用するためのコーディネーション技能やそのための研究・開発においてリーダーシップを取りうる人材を養成する。
 そのために、博士前期課程では、入学後指導教員を定め、指導教員の指導のもとに研究計画・履修計画を作成し、2年以上在学して、研究の基礎となる知識と技能の修得を中心的目標とする「専門基礎科目」から6単位以上、心理学領域または社会福祉学領域のより高度な専門的知識と技能を研究過程において活用するための「専門中心科目」から8単位以上、修士論文作成を中心目的とした「研究科目」を8単位、以上の合計が30単位以上となるよう修得し、修士論文を作成し、審査および試験に合格した者に修士の学位を与える。その過程において、各領域における高度な専門知識と技能を修得することが修了要件となる。
 博士後期課程においては、各領域における科学・学問の発展・向上に寄与できる、教育・研究に携わる人材を養成することを目指している。
 博士後期課程では原則3 年以上在学して、特殊研究を12単位以上取得し、博士論文を提出し審査に合格した者に博士の学位を与えることになっており、それに向けた指導が各指導教員より行われる。

(2)医療科学コース

 博士前期課程では、培った医療科学に関する広い学識と生体全体の医学的理解に基づいて、言語聴覚障害や視覚機能障害について科学的により深い理解を達成し、その上で言語聴覚障害や視覚機能障害に対するより有効な検査、診断、訓練、支援について研究・開発が可能な知識と技能を有する人材と、人体の構造、生理、機能に関する科学的、医学的専門知識を有し、ライフステージに応じた、生涯にわたる心と身体の健康や、その維持・増進のための運動やスポーツに関する知識と技能を有する人材を養成する。
 そのために、博士前期課程では、入学後指導教員を定め、指導教員の指導のもとに研究計画・履修計画を作成し、2年以上在学して、研究の基礎となる知識と技能の修得を中心的目標とする「専門基礎科目」から6単位以上、言語聴覚学領域、視覚科学領域、または健康科学領域のより高度な専門的知識と技能を研究過程において活用するための「専門中心科目」から8単位以上、修士論文作成を中心目的とした「研究科目」を8単位、以上の合計が30単位以上となるよう修得し、修士論文を作成し、審査および試験に合格した者に修士の学位を与える。その過程において、各領域における高度な専門知識と技能を修得することが修了要件となる。
 博士後期課程においては、各領域における科学・学問の発展・向上に寄与できる、教育・研究に携わる人材を養成することを目指している。
 博士後期課程では原則3年以上在学して、特殊研究を12単位以上取得し、博士論文を提出し審査に合格した者に博士の学位を与えることになっており、それに向けた指導が各指導教員より行われる。

(3)臨床心理学コース

 博士前期課程では、臨床心理士資格取得を目指す者に特化して、学問研究の場を提供するものである。そのため、日本臨床心理士資格認定協会の指定する必要単位を取得したうえで、臨床心理学に関する修士論文を完成させることが求められる。
 そのことは、単に技術・技能の修得だけでなく、また机上の理論だけに留まらない、実践の場で個別性・一回性の高い人間の心の課題という未知の事象と取り組むための、ものの見方や考え方を身に付けるための研鑽である。取り組む課題を正しく理解し、そのうえで自ら考え、揺らぐことなく行動することの出来る人材の養成を目指すことを意味している。専門性の高い研究者としての視点と意識を持って現場に出ることが、求められているからである。
 このような人材を養成するために、博士前期課程では入学後指導教員を定め、指導教員の指導のもとに研究計画・履修計画を作成し、2年以上在学して、研究の基礎となる知識と技能の修得を中心的目標とする「専門基礎科目」から6単位以上、臨床心理学領域のより高度な専門的知識と技能を研究過程において活用するための「専門中心科目」から12単位以上、修士論文作成を中心目的とした「研究科目」を4単位、以上の合計が30単位以上となるよう修得し、修士論文を作成し、審査および試験に合格した者に修士の学位を与える。その過程において、各領域における高度な専門知識と技能を修得することが修了要件となる。
 また、博士後期課程3年間では、在学中に資格取得をすることになる。そのうえで、より高次の専門性に基づいて、より広い社会貢献につながる研究の展開を志すとともに、後進を養成することのできる能力を磨く、という新たな課題に取り組むことが要請される。したがって、博士後期課程では原則3年以上在学して、特殊研究を12単位以上取得し、博士論文を提出し審査に合格した者に博士の学位を与えることになっており、それに向けた指導が各指導教員より行われる。

グローバルカルチャー・コミュニケーション研究科

〈2016年度以前入学者〉

 「言語文化コース」「交流文化コース」の2つのコースを有機的に連携させることにより、学際的かつ実用的な言語運用能力を重視し、社会科学的な情報分析能力に裏打ちされた実行力で、グローバル社会で研究・実践する人材の養成をめざしている。これら人材養成のポリシーは、国や民族の壁を越えてグローバルに他者とともに現代国際社会の危機を共同主観化しながら、連帯して行動する「交流」の理念に適っている。

〈2017年度以降入学者〉

(1)博士前期課程

 グローバルカルチャー・コミュニケーション博士前期課程では、「グローバル市民社会意識と異文化理解」という教育理念のもと、広い視野と総合的な実践力を持つ人材の養成を目指している。特に博士前期課程では、高度な言語運用能力を駆使し、社会科学的な情報分析能力そして問題解決能力を備え、グローバル化に深く関与する言語、地域・国際交流、観光の分野で活躍できる人材を育成する。
 博士前期課程に入学をした学生は言語文化コース、交流文化コースのいずれかのコースを選択し、その修了要件に従って学修を進める。言語文化コースでは、 コミュニケーションスタディーズ、ランゲージスタディーズ、カルチャースタディーズの3つの研究領域を設け、グローバル化に伴う文化や言語の面で生じる課題の把握と解決に積極的に貢献できる人材を養成する。一方、交流文化コースでは、人的交流の活発化や地域社会・国際社会の変容に寄与する人材の育成を目指しグローバルスタディーズ、エリアスタディーズ、ツーリズムスタディーズの3つの研究領域を設 定している。これら2コース、6スタディーズが織りなす柔軟性の高い豊かなカリキュラムの中で、専門に深く精通し、 柔軟かつ批判的な姿勢と実践力を持ち合わせた人材を養成する。
 博士前期課程に所属する学生は、2年間の学修の中で基礎科目2単位、自らの所属するコースの定める専門科目、演習科目、課題実践、関連科目から所定の単位を含む30単位を修得して修士論文を執筆するか、フィールドスタディ科目または研修科目を履修しトータル34単位以上を修得した上で実践研究レポートを作成する。様々な講義や演習の履修を通して専門的知識を修得する。一方、課題実践、フィールドスタディ科目や研修科目では研究計画に基づいて適切にプロジェクトを実施するスキルを身に着ける。博士前期課程の学修の集大成として、修士論文や実践レポートを執筆、またそれらに基づく口頭試問を通して自らの専門領域のマスターとして認められるような総合的な力量を獲得できたことを証明した者に修士号を授与する。

(2)博士後期課程

 博士後期課程では主に指導担当教員の指導のもと、自らの専門に関してより高次の理論的視点から研究を行い、社会の発展そして学問領域の発展に寄与する態度と必要な技術を養成する。自らの研究テーマに特化した「特殊研究」を3年間履修し、一人の研究者として積極的に研究活動を行うことに加え、学会等での研究発表や学会誌への論文投稿を通して研究分野に対する貢献が出来る力を証明できなければならない。3年間のコースワークとして「特殊研究」を6科目(12単位)履修し、独特な研究視点や研究方法を用いて研究を行い論文の執筆をする。学会誌に掲載された 論文をもとに博士論文を作成することで、自らの研究領域の確立をする。これらの課程を経て、執筆した博士論文に基づく審査に合格した者に博士の学位を授与する。

ビジネス研究科

【ビジネス専攻博士前期課程】

 本専攻は、企業等の実社会で活躍しうる問題解決能力を備えたビジネスパーソン、高度に専門的な職業人として資格取得者、あるいは大学院ビジネス研究科博士後期課程への進学者等となりうる人材を育成することを目的としている。
 このような人材を育成するために、「専門的職業人コース(ビジネスプロフェッショナルコース)」と「研究者養成コース(リサーチプロフェッショナルコース)」を設置している。

 専門的職業人コースでは、原則として2年以上在学して、

① ビジネスに深く関連する領域における専門科目の履修を通じ、高度な専門知識を修得する。

② 研究指導教員が担当する演習を通じて研究指導を受け、課題研究レポートを作成する。

③ 実践科目の履修を通じて、国内外のビジネスの現場で通用するスキルを身につける。
34単位以上を修得し、課題研究レポートに関する審査及び学位試験に合格したものに修士の学位を与える。

 研究者養成コースでは、原則として2年以上在学して、

① ビジネスに深く関連する領域における専門科目の履修を通じ、高度な専門知識を修得する。

② 研究指導教員が担当する演習を通じて研究指導を受け、構想報告、中間報告における主査および副査のコメントを踏まえ修士論文を作成する。
30単位以上を修得し、修士論文に関する審査及び学位試験に合格したものに修士の学位を与える。

【ビジネス専攻博士後期課程】

 博士後期課程においては、ビジネスの各領域に関わる、学問の発展・向上に寄与できる研究者もしくは特に高度な専門的知識を有する職業人を育成することを目指している。同課程では原則として3年以上在学して、必要な単位を修得し、研究指導を受けた上で博士論文を提出し、審査および学位試験において、十分な体系性、独創性を有した学術的価値が認められ、合格することをもって修了要件とする。

平成30年4月1日現在