交流文化学部

交流文化学科 国際交流・観光専攻

国籍や文化を超え、さまざまな価値観を認め合う。 多文化の共生に貢献できる人材を育てます。

2019年6月18日(火) 交流文化学科 国際交流・観光専攻 林ゼミ「5min(ファイブミニッツ)」

交流文化学科 国際交流・観光専攻イベントレポート

交流文化学科は、ランゲージ専攻と国際交流・観光専攻の2専攻制となっています。国際交流・観光専攻は、2年次より国際交流コースと観光コースに分かれます。同時に、2年次から全員が各専攻・コースに用意されている専攻プログラムを選択し、それぞれの領域における専門的な学びを究めます。その一方で、専攻にとらわれず多彩な科目群の中から個々の興味に合わせて、科目を横断的に選択することも可能です。
国際交流・観光専攻
現代社会で起こるさまざまな事象を多方面から捉え、社会の発展に寄与するための実践力・行動力を高めます。
国際交流コース
異文化交流に関する考え方をベースに、地域・国際社会について学ぶ2つの専攻プログラムから構成されています。異文化交流を通じて広い視野と柔軟な思考力を養い、地域・国際社会の発展に貢献する実践力を身につけます。
  • 異文化コミュニケーション

    多文化の共生や異文化理解について多面的に学び、多言語運用能力とコミュニケーションスキルを高めます。

  • 国際貢献

    国際関係、国際交流、異文化についての理解を深め、国際社会に貢献する実践力を身につけます。

観光コース
ビジネスの視点から観光を学ぶ「観光マネジメント」、観光に関する幅広い知識の修得やホスピタリティマインドへの理解を深める「観光ホスピタリティ」、観光という視点からまちづくりを考える「観光まちづくり」の3つの専攻プログラムから構成。人々との交流を通じて、社会・文化・自然を学び、観光の発展に貢献する力を養います。
  • 観光マネジメント

    観観光産業や観光地の創生について、実践を通してマネジメントの観点から理解を深めます。

  • 観光ホスピタリティ

    社会・文化・自然といった観光資源や魅力ある接遇について学び、ホスピタリティマインドを高めます。

  • 観光まちづくり

    サスティナブルな地域を創出する方法を学ぶことで、課題解決能力の向上をめざします。

取得できる資格・免許
  • 中学校教諭一種免許状(英語)
  • 中学校教諭一種免許状(社会)
  • 高等学校教諭一種免許状(英語)
  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史)
目標とする資格など
  • TOEFL®、TOEIC®のスコアアップ
  • 実用英語技能検定(英検)
  • 国際連合公用語英語検定(国連英検)
  • HSK(漢語水平考試)
  • 中国語検定
  • 韓国語能力試験(TOPIK)
  • 全国通訳案内士(通訳ガイド)
  • 総合旅行業務取扱管理者
  • 国内旅行業務取扱管理者
  • 旅程管理主任者

知識・技術を活かせる仕事

主な就職先(2016~2017年度)
    • アイシン精機
    • 大同特殊鋼
    • デンソー
    • トヨタ自動車
    • ヤマザキマザック
    • ANA中部空港
    • JALスカイ
    • 全日本空輸(ANA)
    • ドリームスカイ名古屋
    • 日本航空(JAL)
    • 花王グループカスタマーマーケティング
    • ジェイアール東海髙島屋
    • 資生堂ジャパン
    • 東日本電信電話(NTT東日本)
    • マイナビ
    • 大垣共立銀行
    • 三菱UFJ銀行
    • 三井住友海上火災保険
    • エイチ・アイ・エス
    • 近畿日本ツーリスト中部
    • ジェイアール東海ツアーズ
    • ジェイアール東海ホテルズ
    • JTB
    • 名古屋ヒルトン
    • 星野リゾート
    • 駐名古屋中華人民共和国総領事館
    • 愛知県教育委員会
    • 愛知県警察本部
    • 大垣市役所

活躍する卒業生

※就職先は取材時のものです

AS NAVI トップページ / 交流文化学部 交流文化学科 国際交流・観光専攻