留学生別科

 留学生別科は、外国人留学生が日本語を学び、日本文化にふれ、日本への理解を深める場として1992年に開設されました。中国、韓国、イギリス、ドイツなどの世界各国からの留学生が学んでいます。秋学期(9月~1月)、春学期(4月~8月)の2学期制で、修業期間は1年です。

【特色】

愛知淑徳大学の留学生別科には、レベルに応じた日本語を学ぶ日本語科目と、実践や体験を重視した日本文化科目があります。カリキュラムの一部に学部科目を組み込み、日本人学生と共修できる機会も設定されています。
日本語科目は、「日本語初級Ⅰ」から「日本語上級Ⅱ」まで6レベルのクラスがあります。各レベルで「チュートリアル」と呼ばれる個人指導の時間があり、学生は担当教員から自分の日本語の弱いところを丁寧に教えてもらい、直していくことができます。

【修了要件】

別科生は以下の3つの条件を満たすと修了証書が与えられます。

  • 留学生別科に2学期(1年間)在籍すること。
  • 各学期に14単位以上を修得し、合計28単位以上を修得すること。
  • 各学期に修得する単位には日本語科目を12~16単位(レベルにより異なる)を含んでいること。

【入学定員】

30名