コンピュータ活用科目

「基礎」「応用」「資格支援」3つのカリキュラムで、着実にステップアップ。情報活用能力を身につけます。キャンパスには数多くのパソコンも用意されています。

コンピュータ活用教育のポイント

  1. 1パソコンの初心者も安心。学部や学科を問わず履修できるコンピュータ活用科目は、「基礎」「応用」「資格支援」の3ステージに分かれ、目標や興味に合わせて受講できます。
  2. 2各学部・学科に設置されたコンピュータ科目と連動しているため、学んだことが学部・学科の授業で効果的に活かされ、パソコンスキルが自然に身につきます。
  3. 3めざす国家資格については受験料を全額補助するサポートがあります。さらに、合格した場合は成績評価をアップするなど、バックアップ体制が充実しています。

受験料全額補助。3つの国家資格取得がめざせます。
■ITパスポート試験 ■基本情報技術者試験 ■ウェブデザイン技能検定3級

情報教育センター

情報技術を基礎から着実に身につけられる

情報教育センターが全学生に向けて開講しているコンピュータ活用科目は、基礎・応用・資格支援の3ステージで構成。自分の目標や興味に合わせて履修できます。段階的に学びを深めることにより、学科(専攻)での学修・研究や卒業後の進路に活きる情報技術が着実に身につきます。

国家資格の取得を経済面からもバックアップ

国家試験「ITパスポート試験」「基本情報技術者試験」「ウェブデザイン技能検定3級」に合格した場合、検定試験の受験料を大学が全額補助します。さらに、履修したコンピュータ活用科目の成績評価もランクアップ。学生の向上心に応えながら、高度な情報技術の修得を後押しします。

ソシオメディアラボ

マス・メディアに関する専門施設。パソコンで画像・音楽・動画を編集・加工するクリエイティブスペース、ディスカッションスペース、スタジオ、副調整室が備わっています。課題制作・教育・研究目的であれば、ビデオカメラ、一眼レフカメラなどの機器貸出もおこなっており、学科(専攻)を問わず、すべての学生が利用できます。

学習クリニック

コンピュータリテラシーを専門とする教員が、学生からの個別相談に対応。適切なアドバイス・指導により、コンピュータ活用科目の課題・レポートや資格取得に関する不安・疑問を解消できます。

Student Assistant(SA)

学生スタッフであるSAが授業補助に入り、パソコン操作で困っている学生をサポートします。SA自身が定期的に情報交換をおこなうなど、情報スキルや指導力を磨いています。

コンピュータ活用科目ガイド

情報活用能力をどう身につけるのか、学びのステップを示したリーフレットです。コンピュータ活用科目やサポート体制などについて説明しています。