人間情報学科 データサイエンス専攻

「情報」を強みに、人の心に寄り添いながら、加速するAI時代の情報化社会に貢献できる力を養う



データサイエンス専攻の特色

人、情報、それぞれの分野を対象に、心理的・生理的な測定技術と統計に基づくデータ分析法について学び、ビッグデータ、マーケティング、心理実験など、データサイエンスの知識・技術を駆使し、AI時代の情報社会を切り拓くスペシャリストを育成します。4年間の学びの先にあるのは、人間の行動や思考を心理学の視点で考察する力や、データを収集・解析し、企画や戦略を立案・実行できるスキルの修得。さまざまなデータから価値を創出するデータサイエンティストや、人々が暮らしやすい社会の実現に貢献できる人材として活躍できる力を養います。


専攻の学びが求められているビジネス領域

専攻の学びが求められているビジネス領域

専攻の学びが求められているビジネス領域



心理科学コース

人の性質を、心理学を中心とする実験手法を用いて測定・評価・可視化することに加え、人々が暮らしやすい情報社会の実現をめざして、データに基づく科学的な立場から計画・企画を立案するための力を身につけます。


教員紹介(2024年度)

  • 明石 法子 読み書き能力の発達と認知的背景
  • 天野 成昭 人間の言語情報処理
  • 小山 貴士 顔と視線の知覚情報処理
  • 瀬谷 安弘 アクティブビジョンと認知情報処理

学生たちの研究テーマ例

  • eスポーツと視覚認知トレーニング
  • 視覚障がい者のための触って分かりやすい案内ピクトグラム
  • BGMがランニング時の心拍数に及ぼす影響
  • 映画のキャッチコピーと鑑賞意欲の関係

心理科学コースの魅力

  • アクティブビジョンと認知情報処理

    目や身体をアクティブに動かしながらモノを見る仕組みや、視覚情報処理が身体運動におよぼす影響、物体の認識や記憶などが訓練や感情によってどのように変容するかについて、実験心理学的手法を用いて調べます。



データ活用コース

社会のさまざまなサービスに対して、統計学を中心とするデータ分析や行動学、バイオメカニクスなどの知識を活用し、問題・課題の明確化とその解決を図るための力を身につけ、新たなサービスを立案できるスキルを学びます。


教員紹介(2024年度)

  • 岸田 拓也 AI技術による音声のモデリング
  • 佐藤 好幸 AI技術を活用した認知モデリング
  • 牧 勝弘 音のデータサイエンス
  • 満倉 英一 視覚のデータサイエンス

学生たちの研究テーマ例

  • AIを用いた消費者行動予測
  • 楽器の音響データ分析とスピーカー設計への応用
  • ソーシャル・ネットワーキング・サービスの動向分析
  • 筋電位データ分析に基づく運動支援

データ活用コースの魅力

  • マーケティング・データサイエンス

    データ分析により、消費者の求める商品・サービスを調査したり、新たな情報価値を生み出したりするマーケティングやデータサイエンスに関する研究をおこないます。

実践的な学びを社会へ身につけたスキルを発揮して、時代を切り拓く詳しく読む
  • 就職決定者の声

  • 人・心×情報分析力➡コンサル業界へ

    卒業生

    杉本 悠さん
    人間情報学部 人間情報学科 2016年度卒業
    就職先:株式会社メディカルリソース

    多くの転職先の中から個人の希望を叶える転職を支援

    医療従事者の転職支援サービス会社で、転職・就職支援をおこなっています。在学中は心理学の関連科目を数多く履修すると共に、情報発信スキルと組み合わせたコミュニケーションスキルを修得。その学びを活かし、“心”に寄り添うコンサルタントをめざします。

  • 就職決定者の声

  • ITスキル×情報分析力➡自動車部品製造業へ

    卒業生

    伊佐地 草汰さん
    人間情報学部 人間情報学科 2017年度卒業
    就職先:株式会社アイシン福井

    部品の生産計画、納入、在庫管理に情報分析力を活かし効率良いモノづくり

    工場の生産計画や部品の納入・在庫管理などを担う部署に所属。大学で培った論理的思考力、データの分析力、問題発見能力、PCスキルなどが役立っています。今後も複合的・俯瞰的に生産を管理し、効率の良いモノづくりに貢献したいと思います。

先輩から聞く学科(専攻)のこと多くの先輩が、人間情報学科から羽ばたいています。 詳しく読む
  • 就職決定者の声

  • 大学での学びや経験を活かし、市の職員として地域の発展に貢献したい。

    卒業生

    北村 紗英さん
    人間情報学部 人間情報学科 2022年度卒業
    (愛知県立豊田北高等学校 出身)
    就職先:長久手市役所

    これまで学んだことのない分野を学修したいという思いがあり、「人間情報学って何?情報学と心理学が組み合わさるとどうなるのだろう?」と興味を持ったため、本学科に入学しました。1年次の『心理統計学』で、心理実験から得られたデータを分析し、目には見えない人の心の仕組みや行動の背景にあるものを数値によって可視化する面白さを実感。ゼミでは音に着目した心理実験をおこない、人が音に対してどう感じるのかを研究しました。卒業研究として「重複した音声の騒がしさと感じる人数の関係」をテーマに、複数人の会話が重なり合った音声を被験者に聞かせ、不快と感じる程度や不快感の原因について調査。その結果を論文にまとめる中で、論理的な思考力や相手にわかりやすく伝える力を培うことができました。卒業後は、市役所の職員として働きます。学科で学んだ情報学、心理学の知識や経験を活かし、子どもから高齢の方まで多くの人との関わりを大切にしながら、市の発展に貢献していきたいです。

  • 就職決定者の声

  • 先輩から聞く学科(専攻)のこと

    卒業生

    伊藤 歩美さん
    人間情報学部 人間情報学科 2021年度卒業
    (愛知県立瀬戸西高等学校 出身)
    就職先:瀬戸信用金庫

    Q1.この学科(専攻)を志望した理由は?

    大学では人の役に立つ、人に喜んでもらえるデザインやモノづくりを学びたいとオープンキャンパスに参加。人間情報学科の「社会の中で役立つものづくりを考える」という視点が、自分の希望と合致していると感じ進学を決めました。

    Q2.印象的だった授業は?

    高校生向けの学科紹介のWEBサイトを制作する課題では、座学で得た知識を、制作を通して理解することができました。利用者の年齢や使用目的によって適切な表現方法は異なります。学科の魅力をわかりやすく伝える工夫や必要な情報を見つけやすくする配置など、美しいデザインだけに捉われない視点が必要だと実感。自分本位ではなく、相手の目線に立って考えられるようになりました。

    Q3.この学科(専攻)で学んで良かったことは?

    作品制作の過程で「使う人の視点」をより深く学び、意識することで、将来への視野が広がったことです。デザインやシステム構築の技術に加え、心理学で人の心の動きや行動の特性を学んだことから人と関わる仕事をめざすようになりました。社会に出てからも相手の目線に立つことを忘れず、身につけた知識を組み合わせて快適な暮らしをサポートしていきたいです。




4年間の学び(2024年度)




PICKUP!科目詳しく読む

実験心理学

実験心理学の科学的位置づけについて理解し、感覚、知覚、記憶、概念形成、意味理解、問題解決、言語運用等の人間のさまざまな能力を実験によって測定するための原理を学びます。


ビッグデータ演習

日々蓄積されている膨大なデータの一部はオープンデータとして公開されています。それらを対象に、類似性に基づいてデータを分類する方法や物事の発生確率を予測する方法を学びます。


マーケティングデータ分析演習

  • 世の中に必要とされる商品・サービスを提案し、それらを消費者に届け、価値を評価するというマーケティングのために必要となるデータの分析方法を学びます。

  • マーケティングデータ分析演習



最先端の施設・設備

情報技術やAI技術、心の理解について学ぶための専門施設・設備を整備しています。


  • 視覚情報実験室

    暗幕で囲まれた個別ブースにおいて、明るさ・奥行・運動などの視覚に関わる実験を行います。

  • 視覚情報実験室
  • 音響測定ブース

    特殊形状の壁により、壁からの反射音を抑えた実験ブースです。人の発声や楽器、スピーカーなどの音を収録し、音源の性質をデータ化するために使用します。

  • 音響測定ブース
  • 生体情報実験室

    スポーツや運動、身体活動に関わる生体計測を行うための設備が整っています。

  • 生体情報実験室
  • 聴覚情報実験室

    防音室内の実習システムを用いて、音の高さ・大きさ・音色などをコントロールしながら聴覚に関わる実験を行います。

  • 聴覚情報実験室