創造表現学科 建築・インテリアデザイン専攻

社会、まち、建築、インテリア、人。すべてはつながっているという気づき。

人間が活動しているところには、必ず建築が存在します。建築は、国や地域の歴史・文化を知る上で、大きな手がかりとなります。本専攻では、建築・インテリアデザインの基礎から応用までの学びを通して、歴史・文化・環境・経済といった、さまざまな背景も学んでいきます。工学系大学と同等のカリキュラムによって、一級建築士の資格取得をめざすことができる他、建築・インテリアデザインという枠組みを通して、広く社会を捉える視点も養います。

[建築・インテリアデザイン専攻]建築、インテリア、住宅、都市計画など、その社会的背景や計画手法を学びます。

建築・インテリアデザイン専攻の特色

一級建築士の受験資格が
取得できます

工学系大学と同レベルの知識が修得でき、一級建築士、インテリアプランナー、インテリアコーディネーターの資格取得がめざせます。また、経済・法規・防災・環境など、社会的側面から研究を深めることも可能です。

多様な視点で建築や
都市への理解を深めます

住宅設計、まちづくり、色彩・照明計画、人と空間との関わり、芸術や建築の歴史といった多様な学びを通して、建築や都市への理解を深めます。幅広い知識と専門性を身につけるだけでなく、総合的に物事を捉え、多様な視点で考えられる人材を育成します。

共同作業に必要な力を
身につけます

学生自らが展覧会場のデザイン・施工をおこなう『デザインワークショップ』は、グループ作業を通して、建築における共同作業の大切さを学びます。こうした実践の場を豊富に用意し、社会で必要とされるコミュニケーション力を養います。

ORGANIZATION/専攻概要

建築・インテリアデザイン専攻は、以下のような目標を持ってカリキュラムを構成しています。

  1. 講義科目系の授業で建築の専門知識を基礎から応用まで身につける。
  2. 豊富な実習系授業で様々なプレゼンテーションスキルを身につける。
  3. 実験系授業で物理現象を体験・理解し、専門技術を身につける。
  4. ゼミや演習を通じて共同作業を行い、実社会の課題に取り組む。
  5. 一級建築士、建築施工管理技術士、インテリアプランナーの資格取得に必要な知識・能力を身につける。

これらのカリキュラムを通じ、

  1. 周辺環境、文化的背景、機能や経済性などの多様な条件を読み解き、建築・インテリアに関わる各種課題を解決するために必要な思考力・判断力を有する。(知識・関心・理解)
  2. コンセプトを的確に伝えるプレゼンテーション能力と共同作業に必要なコミュニケーション能力を身につけている。(表現・態度)
  3. 建築の専門知識と技能を身に付け、一級建築士などの資格を目指すことができる。(知識・技能)

人材を養成することを目指しています。

TOPICS座学に留まらず、建築・インテリアデザインに必要な様々な力を実践的に養います。詳しく読む
建築家・堀部安嗣氏の展覧会を再構築『デザインワークショップ』

東京・乃木坂で開催された「堀部安嗣展 建築の居場所」を、愛知巡回展として学生たちが再構築。人々が心地よく過ごす“居場所”を生み出す堀部氏の建築が体感できるよう、会場計画から設計、施工、運営までを手掛け、建築空間の設計についての知識や考えの幅を広げる機会となりました。

  • TOPICS

『建築環境学実験』温熱環境実験

『建築環境学実験』では、実際に身体を動かして身の回りの温熱環境を測定します。例えば、段ボールで人の居場所となる空間を作製し、15分間その中で本を読み、温熱環境の変化を記録する実験。ルーバーやベルヌーイの定理を駆使して、快適な環境について考察します。

  • TOPICS

『空間設計Ⅳ』学外発表会

「3年次後期の設計課題は「ヒューマンスケールで人の居場所を考える」。学内審査により選抜された学生によるプレゼンテーションを名古屋テレビ塔で開催。まちづくり実践者の方々から「都市公園に対する自由で新しい提案である」と評価をいただくと共に、さまざまな意見を吸収し、知見を広めました。

  • TOPICS

デザイン女子No.1決定戦2017 No.1を獲得

女性ならではの視点、感性から生み出される空間を競う卒業設計競技「デザイン女子No.1決定戦」において、瀧下まりさんが最優秀賞を受賞しました。作品「おくりがま」では、作陶の街である多治見市市之倉で放置された空き家と窯元の問題をからめ、「家おくり」という新たな解体システムを提案しました。

※2017年度卒業生

  • TOPICS

明治時代の建物をリノベーション

清水ゼミは、岐阜県羽島市の古民家の再生に取り組んでいます。明治時代に建てられた医院兼住宅の医院の部分を、ギャラリー兼書斎に改修するプロジェクトです。現地調査や数回にわたるプレゼンテーションを経てデザインが固まり、施工をおこなう予定です。大工さんの指導を受けて、学生たちも施工に参加します。

  • TOPICS

篠島フェス2017「アイランドマルシェ」に出店

清水ゼミでは毎年、知多半島の南、篠島を舞台に、建築の観点から島の活性化を図る活動をおこなっています。2017年度は地域活性イベント「アイランドマルシェ」において、移動式屋台とゴミ箱付きの看板を制作。屋台の運営を通して、島民や観光客とのつながりが生まれ、島の活性化に貢献しました。

  • TOPICS

施設紹介創造力を形にする、充実した施設や設備が揃っています。詳しく読む
材料実験室

構造系の授業で使用します。コンクリートや鉄など建築材料の特性を最新器具を使い、コンクリートの練りまぜから破壊試験まで実際に体験して知ることができます。

  • 材料実験室

製図室

設計製図の授業を行います。ワンフロアで間仕切り等がほとんどなく、学生一人一人に製図机とキャビネットが用意されます。学生は自由に行き来して使用できるので、課題制作以外にも自主的に作業を行え、学年を問わない情報交換・交流の場となります。

  • 製図室

プレゼンテーションルーム

レクチャー、学生の作品発表、講評会などを行います。また、写真スタジオとして使用したり、シアタールームとして映像鑑賞も行ったりとフレキシブルに活用されています。夏の恒例行事である「ギャラリー間 愛知巡回展」はこのプレゼンテーションルームをメインに展覧会場の設計・設営を行います。

  • プレゼンテーションルーム

学びを知る 先輩インタビュー多くの先輩が、建築・インテリアデザイン専攻から羽ばたいています。 詳しく読む
  • 先輩インタビュー

  • 設計だけに留まらない、多角的な学びを通して、「建築の可能性」を考えていきたい。

    在学生

    宮田 知佳さん
    メディアプロデュース学部
    メディアプロデュース学科
    都市環境デザイン専修 4年生
    ※現・創造表現学部 創造表現学科 建築・インテリアデザイン専攻
    (Glendowie College.Auckland,New Zealand出身)

    建築物を見るのが好きで、高校の授業で体験したCAD設計をきっかけに、建築の道を志すようになりました。『空間設計』の授業では、実際の敷地を想定して建物の構想を練り、計画案をまとめます。建物の設計に加えて、完成した作品についてプレゼンテーションや批評もおこなうことで、設計の意図や想いを表現する力が身につきました。ゼミでは、長野県伊那市の地域活性化プロジェクトに参加。まちに点在する空き家や蔵などを「地域資源」として活用することで、今後のまちの在り方を考えていくものです。私たちは、実際に伊那市高遠町のまちを歩き、どんな魅力が秘められているのかを探ることから始めました。地元の人たちが気づいていないまちの魅力を掘り起こし、学生の目線を活かしたアイデアを提案したいと考えています。建築を出発点として、新たなコミュニティができ、人の輪ができる――。このプロジェクトを通して、まちづくりに必要な視点を養っていきたいと思います。また、3年次に『デザインワークショップ』で建築家の展覧会の会場計画を手掛けたことで、空間プロデュースにも興味を持つようになりました。さまざまな角度から建築について学び、建築が人や社会にどう貢献できるか、その可能性を追求していきたいです。

  • 先輩インタビュー

  • 住む人が愛着を感じ世代を超えて住み継がれていく住宅を。

    卒業生

    藤吉 聡さん
    現代社会学部
    現代社会学科
    都市環境デザインコース
    2006年度卒業
    ※現・創造表現学部 創造表現学科 建築・インテリアデザイン専攻
    (愛知県・私立中京大学附属中京高等学校出身)
    藤吉建築設計事務所(一級建築士)

    設計事務所を経営する父の影響で建築に興味を持ち、当時在学生だった姉の勧めもあり、建築を基礎から学べる環境が整った愛知淑徳大学に入学しました。現在は、戸建て住宅を中心に、店舗やマンション、福祉施設など、さまざまな建物を設計しています。幅広い案件に携わる中では、お客さまとの一期一会の出会いもあります。だからこそ、お客さまの希望を最大限に実現し、愛着を持ち続けてもらえるような建物を提案することを目標としています。大学時代の恩師の「アートとデザインは違う」という言葉は印象的で、私の基盤となっています。建築は、“アート=自己表現”ではなく、“デザイン=機能・意味を付与したもの”。住む人にとって快適で使い勝手の良い居住空間をデザインすることに加えて、維持・管理のしやすさまでを考えた設計を心掛けることで、世代を超えて受け継がれていく建物をつくっていきたいと思います。その他にも、家具のデザインや工務店のホームページ制作なども手掛けています。小さくても価値あるものを生み出す町工場や、地域に根差した工務店の情報を発信するなど、建築家だからこそできる発想と技術を活かし、広く「建築・デザイン」に携わっていきたいと思います。

専攻主任よりメッセージ建築・インテリアデザインのプロが学修をサポートします。詳しく読む

清水 裕二教授
建築・インテリアデザイン専攻主任

本学の建築・インテリアデザイン専攻は、1999年に現代社会学部の都市環境デザインコースとして設立され、2010年にメディアプロデュース学部所属のコース・専修へと移行、2016年より本学の学部再編に伴い、創造表現学部所属の専攻として新たなスタートを切っています。
建築・インテリアデザイン専攻は、建築・インテリアデザイン及びそれに関連する分野で活躍する人材の養成を目的とし、環境、歴史、文化、機能、経済性やエネルギーなどの多様な条件を読み解き、現代社会の様々な課題に取り組むとともに、将来にわたる長いタイムスパンで都市や人々の生活を描く構想力を持ち、広く社会に貢献しうる専門的知識と優れた実践的能力を身につけるための教育研究を行います。

資格・免許

取得できる受験資格
  • 一級建築士(実務経験2年)/
  • 二級建築士/
  • 木造建築士/
  • 一級建築施工管理技士(実務経験3年)/
  • 二級建築施工管理技士(実務経験1年)
取得できる資格・免許
  • 司書/
  • 学芸員
目標とする資格など
  • インテリアコーディネーター/
  • インテリアプランナー
  • 福祉住環境コーディネーター/
  • CAD利用技術者試験/
  • CADトレース技能審査(建築部門)

※インテリアプランナー試験は在学中でも受験できます。
試験に合格した者は必要な単位を満たして卒業することで、登録資格が与えられます。

就職

就職先一覧
  • 旭化成ホームズ/
  • アキュラホーム/
  • 一条工務店/
  • ウッドフレンズ/
  • サーラ住宅/
  • 住友林業/
  • タマホーム/
  • トヨタホーム愛知/
  • パナソニック ホームズ/
  • セキスイファミエス中部/
  • 積和建設中部/
  • 大東建託/
  • 東建コーポレーション/
  • 旭化成リフォーム/
  • スペース/
  • ピーエス三菱/
  • フジタ/
  • 平成建設/
  • クラウンエクステリア/
  • 中部土木/
  • 市原建築設計事務所/
  • 中央コンサルタンツ/
  • 池下設計/
  • 三橋設計/
  • ユーエス計画研究所/
  • 住友林業アーキテクノ/
  • パナソニックES建設エンジニアリング/
  • サンヨーハウジング名古屋/
  • 三菱UFJ不動産販売/
  • クリナップ/
  • トーヨーキッチンスタイル/
  • 三浦工業/
  • シンコール/
  • 大塚家具/
  • カインズ/
  • サンレジャン/
  • 日産プリンス名古屋販売/
  • 日本郵便/
  • 岡崎市役所/
  • 名古屋工業大学大学院(進学)

研究テーマ

論文
  • 建築家が公共住宅をつくる意義
  • 名古屋市内の区役所における福祉事業所の授産製品販売に関する研究
  • 生きものの住まいに学ぶヒトの生活環境に関する研究
  • 大正から昭和初期の愛知電気鉄道による郊外住宅地開発 −なるみ荘を事例に−
  • 自宅の改修プロセスについて
設計
  • Textile Prototype
  • 始まりの駅 ”山車、継承意識への一歩”
  • 農業でつなぐ −高蔵寺ニュータウンのこれから−
  • 創る下町 −四間道界隈リノベーション−
制作
  • 和紙と光のアート −私が感じる枕草子の春夏秋冬−
  • 洋風応接間付き近代和風住宅 −軸組模型−