創造表現学科 メディアプロデュース専攻

社会問題を分析し、表現者として情報を発信。高い感度と発想力を備えた“メディアの達人”をめざします。

テレビ、Web、映画、ラジオなど、私たちのまわりにはさまざまなメディアがあふれています。それらの特性を理解し、メディアに関わる表現者として情報発信できる人材の育成をめざします。本専攻が考える表現者とは、発想力や企画力を活かし、物事を総合的に捉える“プロデュース力”を持った人材です。問題点を鋭い感度で捉え、分析し、発信できる力を備えた人材は、メディア関連業種に限らず、一般企業においても必要とされています。

[メディアプロデュース専攻]放送制作、映像制作、映画、写真、情報デザイン、CGなどのメディア・コミュニケーションを主体とした表現方法を学びます。

メディアプロデュース専攻の特色

多様な視点でメディアの
全体像を理解し、
専門性を身につけます

テレビ番組やコマーシャル、写真と絵画・映画の関係など、メディアをとりまく環境を多角的に学び、分析力を養うことに力を入れています。メディアプロデュース、メディアアート、映画、コミュニケーション・デザインなどさまざまなゼミを開講し、興味のある分野を究めることができます。

企画・制作・発表を
体験できる
実習科目が豊富です

映像やデジタルコンテンツの制作など、さまざまなジャンルの表現方法を基礎から学ぶ実習科目が豊富です。企画から制作、発表までのすべてのプロセスを実践的に学び、技術を磨くだけでなく、発想力や構成力、情報を発信するスキルなどを身につけます。

充実した施設を活用し、
プロのクリエイターから
直接学べます

スタジオやクリエイティブスペースなど、充実した設備を揃えています。これらを活用して、映画監督、脚本家、カメラマン、映像作家といったプロのクリエイターたちが直接指導。業界の“今”を肌で感じとることができ、将来の進路決定の指針づくりとなります。

ORGANIZATION/コース概要

ヴィジュアルメディアを基盤とし、放送制作、映画、ウェブやCGなどのメディアコミュニケーションを主体とした表現法を学びます。

時代のニーズの捉え方やメディアを利用した表現方法を学び、メディア社会で必要な企画力や構想力、プレゼンテーション力を養います。卒業後はメディア・コンテンツ業や放送産業、文化産業、行政や教育機関、NPOなどで活躍できます。

現代社会の問題を読み解く力を育て、責任を持って情報を発信する力を身につけます。

「有用な情報を視覚的表現によって確実に伝達する」という目標のもと、メディアの伝達技術のみならず、メディアに関わる人の社会的責任を知り、伝達すべき内容と伝達することの意義について理解を深めます。人の心をひく優れた作品には、優れた演出と、現代社会の問題を鋭く見抜き、時代のニーズを的確に捉える力が内在しています。これらをバランスよく学んでこそ、「情報発信者」となり得ます。

TOPICS座学に留まらず、メディアプロデュースに必要な様々な力を実践的に養います。詳しく読む
NHK「テクネ 映像の教室」IDアワード4で優秀賞を受賞

2年生の伊藤文さんが阿部ゼミの課題として制作した動画作品で、NHK Eテレ主催の映像コンペ「テクネIDアワード4」の優秀賞を受賞しました。本のページが折れ曲がって文字になっていくという、楽しく不思議な映像をタイムラプス(時間圧縮)と呼ばれる技法で表現しました。作品は全国放送されました。

※受賞当時

  • TOPICS

長久手市の新名物「血の池タルト」を考案

石丸ゼミは市民の方々と協働し、長久手市の新名物をめざして「血の池タルト」を開発しました。長久手市の歴史にちなんだ奇抜なネーミングが特徴的で、地元産のイチジクなどを使用したスイーツです。PVやロゴマーク、Tシャツなども製作し、地域の歴史を伝えながら人と人がつながるまちづくりをめざします。

  • TOPICS

  • TOPICS

常滑フィールド・トリップで写真展を開催

坂倉ゼミは、現代アートとデザインの展覧会「常滑フィールド・トリップ」に2012年から参加。その土地の歴史・風土の色濃く残る町並みに点在する空き地や空き家を活用したアート展において、写真作品を発表しました。地域の人々と交流しながら撮影・取材を進め、豊かな表現力や発信力を磨きました。

  • TOPICS

  • TOPICS

  • TOPICS

  • TOPICS

学生展覧会「MEDIARIUM」開催

学修成果を発表する展覧会を学外で開催し、ポスター、冊子、写真、体験型の作品32点を展示発表しました。ハンドボールのゴールシーンを疑似体験できるVR作品や、プロジェクターで投影された心臓のイラストに自分の脈拍を連動させる作品は、実際に鑑賞者にふれていただきながら、その可能性を探りました。

  • TOPICS

  • TOPICS

  • TOPICS

  • TOPICS

「Food Deco Sticker」プロモーションプロジェクト

富樫ゼミは、愛知県新城市の瀧川オブラート株式会社様に向け、新商品の企画とオブラートに可食インクでプリントした「Food Deco Sticker」のプロモーション戦略を提案しました。学生ならではの発想を活かしてオブラートの新しい可能性を見出し、アイデアをプレゼンテーション。今後も産学協同の実現をめざしていきます。

  • TOPICS

「愛知の食とデザイン」プロジェクト

宮田ゼミは、愛知県農業総合試験場との協働により、「愛知の食とデザイン」について考えるプロジェクト課題に取り組みました。この課題では、「飼料として愛知の米を食べて育った鶏の卵を、地域の消費者にもっとよく知ってもらうためのデザイン」というテーマで、学生たちがグループごとにリサーチとデザイン提案をおこないました。

  • TOPICS

  • TOPICS

施設紹介創造力を形にする、充実した施設や設備が揃っています。詳しく読む
スタジオ
  • スタジオ

副調整室
  • 副調整室

クリエイティブスペース
  • クリエイティブスペース

ミニシアター
  • ミニシアター

学びを知る 先輩インタビュー多くの先輩が、メディアプロデュース専攻から羽ばたいています。 詳しく読む
  • 先輩インタビュー

  • SNSによってポピュラー化が進む新しい美術館の姿について研究。

    在学生

    長谷川 紗彩さん
    メディアプロデュース学部
    メディアプロデュース学科
    メディアコミュニケーション専修 4年生
    ※現・創造表現学部 創造表現学科 メディアプロデュース専攻
    (愛知県・私立愛知淑徳高等学校出身)

    アートやそれを取り巻く環境に関心があり、クリエイターとは異なる立場からアートと関わりたいと考え、多彩な学びが得られる愛知淑徳大学へ。文化社会学の側面からメディアについて考えるゼミで、私は「SNSの普及とミュージアムの『ポピュラー文化』化」をテーマに研究しています。来場者によってSNSで気軽に美術館の情報が発信されることで、美術館がより身近な存在になっていることに着目。最近では、美術館がフォトジェニックなスポットとして若者を中心に人気を集めており、来場者の視点から新たな文化が生まれつつある点が面白いと感じています。また、SNSを活用したプロモーションをおこなうことで、若年層の集客に成功している森美術館の広報の方をお招きし、「美術館とソーシャルメディアの可能性」をテーマに学内講演会を企画しました。学内に加えて学外からの参加者も多く、学外の美術に関心がある人に対して、より広く告知すれば、さらにたくさんの方を集客できたと感じました。講演会の企画・運営を通して、プロモーション戦略を立案する力も養えたと思います。メディアプロデュース専攻では、デザインや映像制作の技術だけでなく、メディアに関する幅広い学びを得られることが最大の魅力だと思います。

  • 先輩インタビュー

  • プロデューサーをめざし、人の心を動かす映像をつくりたい。

    卒業生

    柴山 竜輔さん
    メディアプロデュース学部
    メディアプロデュース学科
    メディア表現コース 2016年度卒業
    ※現・創造表現学部 創造表現学科 メディアプロデュース専攻
    (愛知県立東海南高等学校出身)
    就職先:株式会社博報堂プロダクツ

    映像の仕事は、業務全体の管理・進行を担うプロデューサーと、効果的な演出・撮影方法を検証し、制作を統括するディレクターのふたつの職種に大きく分かれます。現在、私は主にCMを制作する部署に所属しており、プロデューサーをめざしています。お金の管理や撮影スタッフ、出演キャスト、ロケ地の手配や交渉など、撮影に入るまでの準備業務と、撮影後の編集から完成までのスケジュール管理といった制作の仕上げを進行する業務を担当しています。さまざまな役割の人たちが関わり、ひとつのCMが制作される現場で大切だと感じることは“常に気を配る”ということ。「監督をはじめ、撮影に関わるスタッフたちは、それぞれがその道のプロ。プロを信じ、最大限に力を発揮できる環境をつくり上げれば、おのずと良い作品はつくれる」という上司の言葉が印象的で、現場では自分に何ができるか、何が求められているかを常に考えています。そして、私が関わったCMが放映され、「あのCMいいよね」という声を聞くと、達成感と共に“映像の力でもっと人の心を動かしたい”という気持ちが湧いてきます。この気持ちを原動力に、プロデューサーをめざしていきます。そして、その先はCMだけでなく、MV※や映画、Web動画など幅広い分野の映像制作に携わっていきたいです。

資格・免許

取得できる資格・免許
  • 司書/
  • 学芸員
目標とする資格など
  • CGクリエイター検定/
  • マルチメディア検定/
  • Webデザイナー検定/
  • 色彩検定

就職

就職先一覧
  • アイ・シー・シー/
  • 大垣ケーブルテレビ/
  • 中部ケーブルネットワーク/
  • 日本放送協会(NHK)/
  • 三重エフエム放送/
  • USEN/
  • サンデーフォークマネージメント/
  • 名古屋テレビ映像/
  • システムリサーチ/
  • DMM.comラボ/
  • 富士通アドバンストシステムズ/
  • マイナビ/
  • シースリーフィルム/
  • 中広/
  • 東海アドエージェンシー/
  • 博報堂プロダクツ/
  • 四季(劇団四季)/
  • 若尾綜合舞台/
  • クリーク・アンド・リバー社/
  • テレビ朝日ミュージック/
  • 文教スタヂオ/
  • アラクス/
  • 富士変速機/
  • リンナイ/
  • 旭化成ホームズ/
  • 花王グループカスタマーマーケティング/
  • キヤノンシステムアンドサポート/
  • 資生堂ジャパン/
  • 富士ゼロックス愛知東/
  • 福山通運/
  • 愛知日産自動車/
  • 三越伊勢丹/
  • 商工組合中央金庫/
  • 第三銀行/
  • SMBC日興証券/
  • 岡三証券/
  • 日本生命保険/
  • JTB/
  • 創寫館/
  • 日本郵便/
  • 愛知県国民健康保険団体連合会/
  • (公財)東京都歴史文化財団/
  • 江南市役所/
  • 福岡県警察本部

研究テーマ

  • 現代日本におけるインフルエンサーマーケティングの実態
  • メディアとしての服 −インタビューにもとづく若者の服装に関する考え方の調査−
  • ひとをつなぐデザイン −「映画作り」から「名産品作り」−
  • 色彩と音による印象変化 −照明と音楽、写真と効果音を用いた検討−
  • 名古屋・女性スタイルの変遷 −『TOKAI SPY GIRL』を中心にみる名古屋嬢ブーム−
  • 購買意欲を促進する広告について −サイズ、基調色、折り方、レイアウトの効果−
  • メディアの発展が女性アイドル文化に与えた影響