創造表現学科 創作表現専攻

豊かな感性と表現力で“創造的作品”を生む。人の心を動かす“表現のエキスパート”に。

メールやSNSをはじめ、他者へのメッセージを発信することが日常的な現代。その中で、自分の思いを自分の力で表現できることは大きな強みとなります。創作表現専攻では、感性と理論の両面から“表現”を学び、発想力、描写力、そして独創性を身につけます。経験豊富な専門家がオリジナリティあふれる授業を展開。一人ひとりの個性が発揮できるよう指導します。プロの作家やライターをめざすだけではなく、豊かな表現力で人の心を動かすことができる“表現のエキスパート”として、多分野での活躍が期待されます。

[創作表現専攻]小説、評論、詩歌、児童文学、マンガ、シナリオ、演劇、ノンフィクション、編集など言語・視聴覚表現の創作方法を学びます。

創作表現専攻の特色

第一線で活躍する作家や
クリエイターから学びます

作家、評論家、漫画家、演劇人、ノンフィクションライターなど、第一線で活躍するプロフェッショナルが教壇に立ちます。講義はもちろん、ゼミでの直接指導にもあたり、一人ひとりに的確なアドバイスを示します。また、ゲストスピーカーを招き、学内でのトークイベントもおこなっています。

創作の基盤となる理論を学び
豊かな創作表現をめざします

単一ジャンルの学びにとどまらず、文芸創作に関連する、幅広い領域を総合的かつ体系的に学びます。また、理論的な学びと実践的な創作表現を組み合わせることで、独創性や芸術性、表現力、創造力を伸ばし、よりレベルの高い豊かな創作表現につなげます。

蓄積したノウハウで
専門性の高い指導をします

本専攻は、愛知淑徳短期大学 文芸学科(1996年設置)に始まり、愛知淑徳大学 文化創造学部 表現文化専攻(2000年設置)を経た歴史があり、文芸創作の指導に関してのノウハウを蓄積しています。その知識と経験豊富な教員が、的確で専門性の高い指導をします。

ORGANIZATION/コース概要

豊かな感性と表現力で言葉を創造。人の心を動かす“言語表現者”に。

メールやSNSをはじめ、日常的に文章を書くことが不可欠な現代。その中で、自分の思いや自分の言葉で表現できることは大きな強みとなります。創作表現専攻では、完成と理論の両面から”言葉”を学び、豊かな表現力や独創性を身につけます。経験豊富な専門家がオリジナリティあふれる授業を展開。一人ひとりの個性が発揮できるように指導します。プロの作家やライターを目指すだけではなく、紡いだ言葉で人の心を動かすことができる”言語表現者”として、他分野での活躍が期待されます。

書きたい!表現したい!その気持ちを引き出し、表現力を磨く。

  • 創作表現専攻では、何かを表現したいという気持ちを引き出し、同時に表現力を磨きます。
    例えば、水が入ったコップをさまざまな視点から観察し、
    ①目に見えるもの
    ②見えるような気がするもの
    ③見えていないのに感じるもの
    の段階を追って文章化していくというユニークな授業があります。
    このような体験を通し、ものの見方や考え方、自分なりの表現方法を体得していきます。

  • 書きたい!表現したい!その気持ちを引き出し、表現力を磨く。

    水の入ったコップを観察した学生たちの発見メモ。それぞれ独自性に富んだ表現にあふれています。

TOPICS座学に留まらず、創作表現に必要な様々な力を実践的に養います。詳しく読む
演劇を総合的に学べるカリキュラム

演劇の「創作」「批評」「歴史」を中心に、演劇に関わる諸領域の理論と実践を学べるカリキュラムを設置。各分野のプロから、演劇について総合的に学ぶことができる、中部地区では数少ない大学です。

  • TOPICS

教員

  • 刈馬 カオス 劇作家・演出家 刈馬演劇設計社 代表
    劇団「青年団」での俳優活動を経て、現在は劇作活動に専念。第19回劇作家協会新人戯曲賞、名古屋市民芸術祭2015大賞、平成27年度愛知県芸術文化選奨・文化新人賞などを受賞。テレビ・ラジオ・他劇団への作品提供、芸能プロダクションの演技講師、高等学校演劇大会の審査員なども務めている。

  • TOPICS

プロとして活躍する卒業生
  • TOPICS

卒業生の作品が「第9回日経小説大賞」最終候補作に選出

卒業生の田中波香さんの作品『サイレントレター』が「第9回日経小説大賞」の最終候補作5編に選出されました。長編小説を対象としたこの文学賞に応募するため、卒業制作で執筆した小説『メメント・モリ』に手を加えて完成させました。応募者は50代・60代が中心でプロ作家の応募も多いこの文学賞で、20代の書き手が候補になったことはありません。弱冠23歳の田中さんは、惜しくも大賞受賞は逃したものの、審査員からも高い評価を受けました。

田中 波香さん メディアプロデュース学部 メディアプロデュース学科 クリエイティブライティングコース 2016年度卒業

  • TOPICS

学びを知る 先輩インタビュー多くの先輩が、創作表現専攻から羽ばたいています。 詳しく読む
  • 先輩インタビュー

  • 台詞やパフォーマンスの奥にある作品の核心を探り、演劇をより楽しみたい。

    在学生

    佐藤 あさひさん
    メディアプロデュース学部
    メディアプロデュース学科
    創造表現専修 4年生
    ※現・創造表現学部 創造表現学科 創作表現専攻
    (愛知県立半田商業高等学校出身)

    演劇部で演出を務めたことをきっかけに、“進学して演劇の勉強がしたい”という思いが高まった高校時代。演劇や言語表現についてバランス良く学べるところに魅力を感じたのがこの専攻です。印象に残っている授業は、舞台芸術をはじめ、身体を使った芸術表現を幅広く学ぶ『パフォーミングアーツ』。講義で「ヴッパタール舞踊団」のコンテンポラリーダンスを鑑賞し、言葉を使わなくても、演劇のようなメッセージ性のある表現ができることが新鮮でした。また、主役は舞台の中央に立つというのが一般的ですが、舞台の隅でパフォーマンスしてみたり、縦横無尽に走ってみたりするなど、“舞台の「中心」は中央だ”という既成概念を破る見せ方があることを学修。さまざまな表現を知ったことで、舞台を鑑賞する上での視点を広げられたと実感しています。他にも、戯曲を読み、作品が書かれた背景などを考察した経験が、舞台を観るだけではわからない作品の側面や裏側に気づくきっかけになりました。台詞やパフォーマンスの奥に隠されたメッセージを探る面白さを知った今、ジャンルにこだわらず幅広い作品を鑑賞し、良いものをどんどん吸収するのが目標です。その中で、自分がどのように演劇に関わっていくか方向性を見つけていきたいです。

  • 先輩インタビュー

  • 言葉の背景にあるものを想像しながら、人の気持ちに寄り添っていきたい。

    卒業生

    安井 茜さん
    メディアプロデュース学部
    メディアプロデュース学科
    クリエイティブライティングコース
    2013年度卒業
    ※現・創造表現学部 創造表現学科 創作表現専攻
    (愛知県立国府高等学校出身)
    就職先:豊川市役所

    子どもの頃から本を読むのが好きだった私は、大学で近現代の日本文学について学びました。堀辰雄の小説『不器用な天使』を読み解き、評論・批評をおこなった卒業論文では、より深く小説の世界を理解するために、作品の舞台となった時代背景を研究。文中のキーワードを調べて当時の文化や流行について知ることは、登場人物の気持ちを想像する手がかりとなり、言動の背景や意図を探ることができました。また、論文を書き進める中で、ゼミ生同士で意見を出し合う機会も多く、自分の考えを人に伝えることの難しさを感じることもありましたが、文章力に加えてコミュニケーション力も身についたと思います。市役所の福祉課で働く今、さまざまな困りごとや不安を抱えている方の相談業務では、やわらかく質問を投げかけながら、相手の気持ちを考えて話をする配慮が大切です。言葉をそのまま受けとめるのではなく、“その背景には何があるのだろう”と想像することは、作品と向き合い、文章を読み解くことと同じだと感じています。忙しい業務の日々ですが、窓口に相談に来られた方がほっとした表情を見せてくださる瞬間が私のやりがい。これからも、人の気持ちに寄り添いながら少しでも人の力になれる存在でありたいと思います。

専攻主任よりメッセージ創作表現のプロが学修をサポートします。詳しく読む

創作の世界を冒険する私たち

清水 良典教授
創作表現専攻主任

私たち創作表現専攻では、小説、評論、詩歌、児童文学、演劇(脚本)、映画(シナリオ)、マンガなど、世の中で親しまれている諸ジャンルの創作表現を学んでいます。一見そのバラエティには、大きな隔たりがあるように思えます。たとえば小説とマンガだと、言語表現と視聴覚表現という分野の違いがあると考えられます。でも、小説にも場面が目に浮かぶような視覚的表現が不可欠だし、マンガにもストーリーやセリフが付きものです。表面的なジャンルや分野の違いを超えて、自らの感性と創造力の結晶を他者に届けるコンテンツとして作り上げる点では、いずれも共通しているのです。このようなクリエイティブな表現力は、今日のマルチメディア社会において、コンテンツ制作側に能動的に関われる能力であり、人生をより豊かに楽しめる能力だといえます。
そのような創作表現を、さまざまな基礎的な理論や教養を身に着けつつ、演習授業による実践と批評を積み重ねることでレベルアップしていくための授業を、私たちは用意しています。前身の文化創造学部表現文化専攻、メディアプロデュース学部クリエイティブライティングコース並びに専修からは、これまでさまざまなジャンルで活躍するプロのクリエイターを輩出しました。その伝統を受け継ぎながら、今後も新たなクリエイターを育成していく所存です。

資格・免許

取得できる資格・免許
  • 司書/
  • 学芸員

就職

就職先一覧
  • 岐阜新聞社/
  • 駒田印刷/
  • スズキ/
  • フジキン/
  • アドキットインフォケーション/
  • 中広/
  • ナインキャスト/
  • マイナビ/
  • TOTO中部販売/
  • ドトールコーヒー/
  • 八神製作所/
  • エスラインギフ/
  • 名鉄運輸/
  • 大垣西濃信用金庫/
  • 蒲郡信用金庫/
  • 知多信用金庫/
  • 中京銀行/
  • 東海東京証券/
  • あさひ(サイクルベースあさひ)/
  • 中部オプチカル/
  • 日産プリンス名古屋販売/
  • バローホールディングス/
  • メガネの和光/
  • ユニー/
  • 名鉄観光サービス/
  • 若尾綜合舞台/
  • アイシン・コラボ/
  • トランスコスモス/
  • 平安閣/
  • ニッショー/
  • 日本郵便/
  • 浜学園

研究テーマ

論文
  • 黒田三郎の詩
  • 1980年代の女性詩
  • <媒体化>される身体からの逃亡 −多和田葉子『聖女伝説』−
  • 演劇と笑いの関係性 −井上ひさしを例にして
創作作品
  • 児童文学 「僕らはきっとこの星を出られる」
  • 絵本 「ここちゃんとくまちゃん」
  • 小説 「選ばれしもの」
  • 小説 「メメント・モリ」
  • 小説 「愛されたがりのアイドロイド」
  • 小説 「サラダに一言添えて」
  • 戯曲 「はかない天使」
  • 戯曲 「ハイケイ。」