保健管理室

感染症

予防すべき感染症・罹った時は

学校保健安全法に定められている感染しやすい病気

 学校保健安全法施行規則などに定められている「学校において予防すべき感染症」は以下の通りです。

学校保健安全法施行規則による、感染症の種類と出席停止基準
区分 感染症の種類 出席停止基準
第一種 エボラ出血熱
クリミア・コンゴ出血熱
痘そう
南米出血熱
ペスト
マールブルグ病
ラッサ熱
急性灰白髄炎
ジフテリア
重症急性呼吸器症候群(病原体が、SARSコロナウイルスであるものに限る)
鳥インフルエンザ(H5N1)
※上記の他、新型インフルエンザ等感染症、指定感染症及び新感染症
治癒するまで
第二種 発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻しん(はしか) 解熱後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺、顎下腺または舌下線の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
風しん 発疹が消失するまで
水痘(水ぼうそう) すべての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱 主要症状消退後2日を経過するまで
髄膜炎菌性髄膜炎(平成24年4月1日付けで追加) 病状により学校医その他の医師において
感染の恐れがないと認めるまで
結核
第三種 コレラ
細菌性赤痢
腸管出血性大腸菌感染症
腸チフス
パラチフス
流行性角結膜炎
その他の感染症

学校保健安全法施行規則による、感染症の種類と出席停止基準についてはPDFファイルにてご覧いただけます。(84KB)

※「学校保健安全法施行規則の一部を改正する省令(平成24年文部科学省令第11号)」が施行され、第二種感染症が追加され、一部の感染症の出席停止基準が変更されています。

 上の表の病気に罹った時は、速やかに保健管理室に連絡してください。

麻しん

麻しんとは

 一般的には「はしか」と呼ばれています。麻しん患者の咳やくしゃみのしぶき(飛沫)の中に含まれる麻しんウイルスを吸い込むことで、感染が成立します。麻しんは感染力が強く、咳やくしゃみを直接浴びた時はもちろん、ただ空気中に漂っているウイルス粒子を吸い込むだけでも感染します。
 麻しんウイルスの感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、その感染力は非常に強く、免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症するといわれています。一度感染して発症すると一生免疫が持続します。

症状

 感染してから症状が出るのに約10日かかります。この時期を潜伏期と言います。
 その後に、38℃台の発熱や咳、鼻水といったかぜのような症状や、目やに・眼が赤くなる・体がだるいといった症状が4~5日間続きます。この時期の症状は麻しん特有のものではないため、かぜと診断されることもありますが、感染力が一番強い時期と考えられていますので注意が必要です。
 その後、39℃以上の高熱と発疹が出現し、4~5日高熱が続くためかなり体力を消耗します。
 また、合併症を引き起こす頻度が高い感染症です。特に肺炎、中耳炎を合併しやすく、患者1000人に1人の割合で脳炎を発症すると言われています。
 麻しんの治療は、特効薬はないため、対症療法で回復を待つことになります。

日本の状況

 2007年高校・大学を中心とする学校等で麻しんが大流行しました。それは今の10代・20代の人たちの中に、一度も麻しんの予防接種を受けていない人や、一度接種しても十分な免疫が獲得できなかった人が一定の割合でおり、そのような人達の間で麻しんの流行が起きたものと考えられています。また幼少時接種したワクチンが時間の経過とともに免疫が弱まってきている人が、一定数いることも原因と言われています。

対策

 麻しんワクチンの予防接種がもっとも有効です。麻しんの患者さんに接触した場合、3日以内に麻しんワクチンの予防接種をすると発症を予防できる可能性もあります。1回の予防接種では100%免疫を獲得できない場合や、一度獲得しても免疫力(抗体量)が低下してくることもあります。予防接種を2回接種すれば100%免疫が獲得できると考えられています。

リンク

風しん

風しんとは

 風しんウイルスによる急性の発疹性感染症で、一般に「三日はしか」とも呼ばれています。風しん患者の咳やくしゃみのしぶき(飛沫)に含まれるウイルスを吸い込んだり、ウイルスに付着した手で口や鼻にふれる(接触)と感染します。一度感染し治癒すると、多くの人は終生免疫を獲得します。
 妊娠初期に風しんにかかると、胎盤を介して胎児に感染することがあります。胎児が感染すると白内障、先天性心疾患、難聴などの症状を持つ、先天性風しん症候群の児が生まれることがあります。

症状

 発熱・発疹・リンパ節腫脹が主な症状です。感染してから2週間~3週間で症状が出ます(潜伏期間)。感染者の中には、明らかな症状が出ない人(不顕性感染)が15%~30%程度いるとされており、そのような人から感染することもあります。
 基本的には予後は良好ですが、関節炎や血小板減少紫斑病、急性脳炎などの合併症を起こすことがあります。

予防

 個人でできる有効な予防方法は、風しんの予防接種(ワクチン接種)を受け免疫を獲得しておくことです。自分自身と家族や周囲の人を風しんから守るために、予防接種を受けましょう。また風しんにかかったか不確かな場合は、医療機関で抗体価検査を受けると、免疫が獲得されているか確認できます。

治療

 風しんに対する特別な治療法はありません。そのため、症状を軽減する対症療法になります。

日本の状況

 2011年にアジアで大規模な流行があり、海外で感染し帰国した後発症し、職場での集団発生が散発的に報告されました。2012年より報告患者数が急増しております。

参考ホームページ

インフルエンザ

インフルエンザとは

 インフルエンザは、インフルエンザウイルスによる感染症で、主な症状としては、急な発熱(38℃以上)、頭痛、関節痛、筋肉痛などに加えて、のどの痛み、鼻汁、咳なども見られます。大多数の人は、1~2週間ほどで治りますが、抵抗力の弱い乳幼児や高齢者、免疫疾患や喘息などの呼吸器疾患のある人は、気管支炎、肺炎などを併発したり、持病の悪化を招き、最悪死に至ることもある怖い病気です。

インフルエンザとかぜの違い
症状 インフルエンザ かぜ
初期症状 悪寒、頭痛 鼻・のどの乾燥感、くしゃみ
主症状 発熱、関節痛 鼻水、鼻詰まり
38~40℃ ないか、もしくは微熱
倦怠感 高度 ほとんどない
のど 発赤 軽度の発赤
鼻水・鼻詰まり 後期より発症 初期より発症
合併症 気管支炎・肺炎など まれ

インフルエンザとかぜの違いについてはPDFファイルにてご覧いただけます。(44KB)

インフルエンザの流行時期

 日本では、12月~3月に流行します。これは、気温の低下と空気の乾燥により、空気中のウイルスが長生きできるためです。また、この時期は、空気が乾燥して、また寒さのため換気不足になりやすく、私たちの鼻・のどの粘膜が弱っていると、ウイルスに感染しやすくなり、感染の蔓延を引き起こしてしまいます。

日常生活で出来る予防方法

日常生活では、以下のような点に注意して予防しましょう!

  1. 1)栄養と休養を十分にとる・・・体力をつけ、抵抗力を高めることで感染しにくくなります。
  2. 2)人ごみを避ける・・・病原体であるウイルスに近づかないようにしましょう。
  3. 3)適度な温度、湿度を保つ・・・ウイルスは、低温・低湿を好むので、加湿器などで室内を適度な湿度(50~60%)に保ちましょう。
  4. 4)外出後は、うがいと手洗い・・・うがいはのどの乾燥を、手洗いは接触による感染を防ぎます。
  5. 5)マスクを着用する・・・感染を防ぐ目的もありますが、罹患してしまった場合にも周りの人に感染させないために必ず着用しましょう。

 インフルエンザ対策は以下のホームページをご覧ください。

早めに症状をチェック!

 以下のチェック項目を参考に、インフルエンザの疑いがある場合には、早めに医療機関に行きましょう。発症から48時間以内であれば、インフルエンザウイルスの増殖を抑える薬を医師の判断により処方されます。

重要ポイント

チェック ポイント
地域内でのインフルエンザの流行
急激な発症
38℃以上の発熱・悪寒

重要ポイントについてはPDFファイルにてご覧いただけます。(16KB)

要注意ポイント

チェック ポイント
関節痛
頭痛
咳・くしゃみ
のどの炎症

要注意ポイントについてはPDFファイルにてご覧いただけます。(13KB)

インフルエンザにかかったら

 医療機関でインフルエンザの診断をうけた場合は、原則として学校への出校が禁止となります。まずは、保健管理室に電話で連絡をしてください。その後出校可能となった時点で、罹患と出校可能を証明する診断書などの書類を保健管理室に提出してください。

流行マップ