福祉貢献学科 社会福祉専攻

社会福祉の専門知識を身につけ、人の幸せを創造できる人材を育てます。

日常生活に課題を抱えた人々が、自らの生命や生活に関して自分自身で決定できる道を拓き、違いを共に生きられる社会。こうした社会の創造に取り組むことができる社会福祉士、精神保健福祉士をはじめ、地域に貢献できる人材の育成をめざします。“個”に向けたサポートにとどまらず、家族・地域・社会全体といった“環境”に対して働きかけができる広い視野を獲得した卒業生たちは、多彩な分野で活躍しています。

[人と社会を広く捉える力]

社会福祉専攻の特色

社会福祉士、精神保健福祉士の
国家試験受験資格の
取得が可能です

社会福祉学と精神保健福祉学のどちらか一方を専攻するのではなく、その両方を段階的に学べることが特徴です。これは、定員70名という少人数制だからこそ実現した、本専攻ならではの学びのスタイルです。社会福祉士と精神保健福祉士、ふたつの国家資格の取得をめざすことができます。

卒業後の選択肢が幅広く
多彩な場で活躍できます

卒業後は福祉の専門職のほか、社会福祉の学びを活かし、高齢者との関わりが多い銀行などの金融機関、住宅や介護用品を扱う一般企業へ就職する道も開かれています。その他、県庁・市役所、社会福祉協議会、医療機関など、活躍の場は多岐にわたります。

地域の福祉問題に取り組み
広い視野や
社会的能力を養います

地域の問題に気づき、地域の人々と共に活動したり、新たな取り組みを計画・実践したりする『コミュニティ・アクティブ・ラーニング』をおこなっています。生活者と地域の両方を見る視点を養い、幅広い視野が求められる現場に対応できる力を身につけます。

実習レポート

社会福祉実習の流れ

社会福祉実習の流れ

精神保健福祉実習の流れ

精神保健福祉実習の流れ

実習前後の学びで、実習をより実り多いものに。

事前学習

実習の現場を想定したロールプレイングや、分野別に専門家の話を聞く機会を設けるなど事前学習をおこなうことで、実習での学修効果をより高めることをめざします。また、実習に関する個別相談にも応じ、学生をバックアップしています。

実習報告会

社会福祉士、精神保健福祉士の資格取得をめざす学生を対象に、実習報告会を実施しています。実習を振り返り、気づきを仲間と共有することで、学びをより確かなものへと深める機会としています。

  • 実習前後の学びで、実習をより実り多いものに。

  • 実習前後の学びで、実習をより実り多いものに。

実習レポート社会福祉実習を経験して詳しく読む
  • 社会福祉実習を経験して

  • 相手の気持ちを尊重する、社会福祉士のあり方を実感。

    小林 留奈さん

    福祉貢献学部 福祉貢献学科 社会福祉専攻 4年生(愛知県立岡崎北高等学校出身)

    実習先愛知県母子寡婦福祉連合会母子生活支援施設

    母子生活支援施設はDV被害や経済的な問題などに悩むお母さんと子どもを保護し、生活や自立を支援する施設です。実習中は子どもと接することが多く、宿題を見たり一緒にトランプで遊んだりしましたが、思い通りにいかずに途中で投げ出してしまう子にも“まず話を聞いて肯定する”など子どもの思いに寄り添った接し方を心掛けました。それまで支援というと面談を通しておこなうものだと思っていましたが、世間話や調理の手伝い、服薬の見守りなどの生活のサポートもすべて支援につながっていると実感。改めて社会福祉士のあり方について考え、将来、子どもたちの力になりたいという気持ちが強くなりました。

TOPICS座学に留まらず、社会福祉に必要な様々な力を実践的に養います。 詳しく読む
国家資格の取得をサポート 国家試験対策

2017年度より、社会福祉士・精神保健福祉士の国家試験に向けた対策講座を授業として開講しています。前期は、社会福祉士・精神保健福祉士の共通科目を重点的に学び、後期は、各専門科目に分かれて学びます。また、模擬試験の実施や、教室の一室を自主学習室として開放するなど、勉強に打ち込める環境も整えています。

  • 国家資格の取得をサポート 国家試験対策

  • 国家資格の取得をサポート 国家試験対策

学びを知る 先輩インタビュー多くの先輩が、福祉貢献学科 社会福祉専攻から羽ばたいています。 詳しく読む
  • 先輩インタビュー

  • “その人の人生に寄り添う”支援ができるソーシャルワーカーの素晴らしさに気づいた。

    在学生

    篠田 梨央さん
    福祉貢献学部 福祉貢献学科 社会福祉専攻 4年生
    (三重県立津高等学校出身)

    福祉に興味を持ったのは、中学生の頃に祖母が認知症になり、家族が認知症という現実を受け入れる難しさ、そして本人や家族の不安に寄り添う大切さに気づいたからです。なかでも幅広く社会福祉と精神保健福祉について学べることから愛知淑徳大学を選びました。特に印象に残っているのは、1年次に『相談援助の基盤と専門職』の授業で社会福祉士の役割や意義、相談援助の概念や基本的な人間関係の形成を図る方法など、ソーシャルワーカーとしての基本的な考え方を学んだこと。“その人の人生に寄り添う”という福祉マインドといろいろな支援の仕方、その人に最適な支援を共に考えていくソーシャルワーカーという仕事の素晴らしさを知ることができました。3年次の特別養護老人ホームでの実習では、身体的な介助だけでなく、その人が自然と笑顔になれる環境づくりを工夫したケアプランを提案。授業で修得した知識を改めて実践的に学び直すことができました。また地域の交流の場をつくることを目的とした「コミュカフェ」をはじめ、CCC(コミュニティ・コラボレーションセンター)を活用したボランティア活動にも積極的に取り組んでいます。常に学び続ける姿勢で、実習やボランティア活動での出会いを大切にしていきたいです。

  • 先輩インタビュー

  • ご利用者の笑顔が何よりのやりがい。学びを通して、支援に対する視野が広がった。

    卒業生

    児島 悠斗さん
    福祉貢献学部 福祉貢献学科 社会福祉専攻 2015年度卒業
    (愛知県立杏和高等学校出身)
    就職先:社会福祉法人愛知慈恵会 介護老人福祉施設 西御堂の里 三笠

    介護を必要とする方が数日間滞在するショートステイの相談員として、滞在プランのご提案や入所時の契約手続きを担当しています。お話しするのはご家族が中心ですが、できるだけご自宅と変わらない生活をしていただけるようにご自宅での介護状況だけでなく、ご利用者の性格や昔の仕事なども細かくヒアリング。初めてのご利用者は皆さん緊張していますが、何事もなく滞在を終え、笑顔で帰る様子を見た時が最もやりがいを感じられる瞬間です。現在の仕事に就いたのは、社会福祉を幅広く学ぶ中で、ご利用者だけではなくそのご家族まで支援できる相談員の仕事に惹かれたから。特に、事例に対してどのような支援をおこなうべきかをグループで話し合う『社会福祉演習※1』の授業は、支援に対する視野の広がりを感じ、とても印象に残っています。入学時は介護というと身体が不自由な方の手伝いをするイメージでしたが、『高齢者福祉論※2』などの学びを通して、本人にできることの範囲を広げる“自立”の重要性にも気づくことができました。こうした大学での学びを活かし、今後は地域との関わりを広げ、現在介護を必要としていない方に向けた介護予防にも力を入れたいと考えています。

    ※1『相談援助演習』に名称変更

    ※2『高齢者に対する支援と介護保険制度』に名称変更

資格・免許

取得できる資格・免許
  • 社会福祉士(国家試験受験資格)/
  • 精神保健福祉士(国家試験受験資格)/
  • 社会福祉主事任用資格
  • 児童指導員任用資格

※任用資格:採用後、特定の業務に任用される時に必要とされる資格

専攻の学びが役立つ資格など
  • 福祉住環境コーディネーター2級/
  • 保育士資格(資格試験)
社会福祉士合格率(2017年度)

55.9%(受験者68名/合格者38名) 全国合格率30.2%

精神保健福祉士合格率(2017年度)

100%(受験者5名/合格者5名) 全国合格率62.9%

5名全員、社会福祉士もダブル合格!

就職

就職先一覧
  • (福)愛知県厚生事業団/
  • (福)愛知慈恵会/
  • (福)一期一会福祉会/
  • (福)岡崎市福祉事業団/
  • (福)亀山市社会福祉協議会/
  • (福)岐阜県福祉事業団/
  • (福)昭徳会 児童養護施設駒方寮/
  • (福)聖隷福祉事業団/
  • (福)中日新聞社会事業団 中日青葉学園 あおば館/
  • (福)豊明福祉会/
  • (福)豊田市育成会/
  • (福)豊橋市福祉事業会/
  • (福)名古屋キリスト教社会館/
  • (福)名古屋市社会福祉協議会/
  • (福)名古屋市身体障害者福祉連合会/
  • (福)名古屋東福祉協会/
  • (福)福寿園/
  • (福)松阪市社会福祉協議会/
  • (医)杏嶺会 上林記念病院/
  • (医)楠会 楠メンタルホスピタル/
  • (医)静心会 桶狭間病院 藤田こころケアセンター/
  • (医)なるみ会 第一なるみ病院/
  • (独)国立病院機構/
  • (特非)子育て支援センターはーとふる/
  • 愛知県厚生農業協同組合連合会 足助病院/
  • 愛知製鋼/
  • 旭情報サービス/
  • サンゲツ/
  • 高見(TAKAMI BRIDAL)/
  • トーカイ/
  • 豊田合成/
  • 日伝/
  • リゾートトラスト/
  • 阪和興業/
  • 生活協同組合コープあいち/
  • 理研産業/
  • 三重銀行/
  • 三菱UFJ銀行/
  • 日本年金機構/
  • 愛知県警察本部/
  • 愛知県庁/
  • 江南市役所/
  • 豊田市役所/
  • 名古屋市役所/
  • 浜松市役所

研究テーマ

  • 孤独死を防ぐセーフティーネット
  • 施設利用高齢者の生活の質について
  • 急性期医療機関の退院援助における医療ソーシャルワーカーの役割
  • デートDV被害者の性格傾向とDVの認識度
  • 知的障害児・者の親亡き後の課題と親が持つ不安 家族会調査を通して
  • 児童養護施設退所後の課題とセルフヘルプグループが持つ役割
  • 子供が自閉症スペクトラムと診断された際の母親の心理過程