暴風警報発令等緊急時の授業・試験について

 暴風警報・地震に関する情報発令時等の緊急時における授業・試験等の取り扱いは次のとおりとします。
 ただし、気象状況・交通事情に応じて別の措置をとる場合がありますので、必ずホームページ、CampusSquareにて確認してください。

1.愛知県全域又は愛知県西部の尾張西部・尾張東部・西三河北西部・西三河南部・知多地域のうちのいずれかの地域に暴風警報が発令された場合、名古屋市営交通機関(地下鉄及びバス)が、ストライキ又は自然災害等により全面運休又はこれに近い状況となった場合

警報発令状況 措置
(1)午前7時現在発令中のとき 第1限目及び第2限目の授業を中止
第G1限目から第G3限目までの授業を中止
(2)午前10時現在発令中のとき 第3限目及び第4限目の授業を中止
第G4限目の授業を中止
(3)午後2時現在発令中のとき 第5限目以降の授業を中止
(4)授業開始時以後発令されたとき 発令時において登校していない学生については、(1)~(3)の例による。登校している学生については、学生の安全及び交通事情を勘案し、状況に応じて、授業等の教育活動を打ち切り、帰宅又は避難させる。

2.東海地震に関する情報が発表又は発令された場合

情報発表・発令状況 措置
東海地震観測情報が発表されたとき 平常どおり授業を行う
東海地震注意情報が発表又は警戒宣言が発令されたとき 授業開始時までに発表又は発令された場合 情報が解除されるまで授業を始めとする全ての教育活動を中止し、学生は自宅待機とする。すでに登校している学生については、学生の安全及び交通事情を勘案し、状況に応じて帰宅又は避難させる等の安全と思われる措置をとる。
授業開始後に発表又は発令された場合 直ちに授業を始めとする全ての教育活動を打切り、学生の安全及び交通事情を勘案し、状況に応じて学生を帰宅又は避難させる等の安全と思われる措置をとる。
東海地震注意情報発表の後に警戒宣言が発令されず、注意情報が解除されたとき 解除の翌日から平常どおり授業を行う