ビジネスパーソンへナビゲート

社会で即戦力となり得るビジネスの専門知識と、コミュニケーション力、行動力、情熱を兼ね備えたビジネスパーソンを育成。

ビジネス学科の概要

ビジネス学科では、「経営学・商学・会計学・経済学」といった伝統的な学問の枠組みを活かしつつも、ビジネスの現場で求められる実践的な科目群でカリキュラムを構成しています。 企業・自治体・NPOなどとの協働によるアクティブラーニングを積極的に取り入れることで、ビジネスの各分野における実践力を持つ人材を育成します。

ビジネス学科の概要

ビジネス学科の特色

専攻・コースを設置し学びの専門性を高めます

学修への興味や、将来ビジョンに対応して現代ビジネス専攻とグローバルビジネス専攻の2専攻を設置。現代ビジネス専攻では、1年次後期からビジネスイノベーションコースとビジネスアカウンティングコースに分かれ、専門性をさらに高めていきます。

「会計・IT・英語」の資格取得をバックアップ

「応用力育成プログラム」で、会計、IT、英語の資格取得をバックアップ。より難易度の高い資格取得をめざす学生には、一定の条件を満たすことで、受験料を学科が補助する「資格試験サポートプログラム」もあります。

実践的な学びをサポートする教授陣

教員の約半数は実業界出身者。三菱UFJ銀行、ドイツ銀行などの企業出身者や現役の公認会計士、税理士、経営コンサルタントなど、多様なバックグラウンドを持つ教員が実践的な授業を展開します。

学びを知る 先輩インタビュー

ビジネスに役立つ多角的な学びとコミュニケーション力が将来の自信に。

先輩インタビュー

在学生 伊藤 奈央人さん
ビジネス学部 ビジネス学科 4年生
(三重県立桑名西高等学校出身)

ビジネス学科は、経営学、商学、会計学、経済学の学びが集約されている上、ビジネスの現場で求められるスキルやコミュニケーション力も修得でき、非常に実践的です。これまで、企業が戦略を立てる際に重要なマーケティングや財務、ファイナンス、人材育成などを学んできました。今はスーパーマーケットでアルバイトをしており、商品の仕入れやプロモーション、販売までを間近で見られるため、大学で身につけた知識を確かめながら学びを深めています。2年次におこなわれた『インナーゼミナール大会』も、学びの成果を確認できる絶好の機会になりました。「A社とB社のどちらが優良企業か」というテーマに対して、所属するゼミでの経営学や組織学の学びを活かして意見を述べ、他のゼミの学生と討論したのも大きな自信につながっています。また、ある学生フォーラムに参加した際、気仙沼の過疎化の現状を学び、人口減少に伴う地方の問題に関心を持つようになりました。その後ボランティア活動を通じて、地方が抱える課題として人や資金のマネジメントがあることを知り、ビジネス学科での学びを活かして地方の活性化に貢献したいと考えるように。将来は地域に密着した金融業界で、地場産業を支えながら、街を盛り上げていきたいと思っています。

公認会計士試験合格の知識を活用して、“提案する経理”であり続けたい。

先輩インタビュー

卒業生 佐々木 隆太さん
ビジネス学部 ビジネス学科 2009年度卒業
(愛知県立岩倉総合高等学校出身)
就職先:石塚硝子株式会社

高校生の時に初めて出合った簿記。知れば知るほど、経営の仕組みが解き明かされていく感覚が楽しかったことを覚えています。会計や財務など学びの領域を広げてみたいと思い、ビジネス学科を志望しました。ターニングポイントになったのは、ゼミの先生との出会いです。教鞭を執りながら、公認会計士として数多くの企業の社外監査役も務められるなど、学内外で活躍される姿に憧れを抱き、4年次から公認会計士試験に挑戦することを決意。会計教育科目の『上級簿記』も履修し、公認会計士試験対策としても大いに役立ちました。公認会計士試験に合格後、今の会社に就職し、経理業務を担っています。仕事では、ビジネス学科の実践的な学びと、資格試験の勉強を通して身につけた知識を存分に活用。M&Aのプロジェクトにも携わり、子会社化した企業の経理処理を進めながら、監査法人に向けた資料の作成を担当し、膨大な仕事量をこなした経験は今も大きな自信になっています。これからも、日々の業務を遂行するだけでなく、会社がより発展するために、修得した知識を活かして改善策を“提案する経理”であり続けたい。200年近く続く会社が、さらに長い歴史を刻むための原動力として活躍できればと考えています。

※Merger and Acquisition(企業合併と企業買収)

TOPICS

グループワークⅠ・Ⅱ

TOPICS

1年次前期の必修科目『グループワークⅠ』では、プレゼンテーションやディスカッションの仕方、グループ活動の進め方を学びます。『グループワークⅡ』では、「自動運転の実現性」「IoTを活用した新サービス」などといったさまざまなテーマに関する問題解決に取り組み、その成果を合同報告会でプレゼンテーションします。

シゴト学入門・私のシゴト学

TOPICS

『シゴト学入門』では、1年次からキャリアについて考え、「シゴト」をしていくために必要な前提知識を修得。さまざまな業界を知り、「シゴト」の世界へ進む前準備をおこないます。3年次には、『私のシゴト学』を開講。企業で活躍するビジネスパーソンの講演を通じて、シゴトに関するイメージを具体化させます。

インナーゼミナール大会

TOPICS

専門分野の異なるゼミが、ライバル関係にある企業を比較・分析し、討論する。これがインナーゼミナール大会です。2017年度は7つのゼミから20のチームが参加。分析対象は、「グーグルとマイクロソフト」「イオンとセブン&アイ」など、業種や規模もさまざまです。最終討論会では、ゼミの枠を越えてそれぞれの専門性を発揮しました。

資格・免許

取得できる資格・免許

  • 高等学校教諭一種免許状(商業)

※再課程認定申請中。ただし文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります

目標とする資格など

  • ファイナンシャル・プランナー/
  • 証券アナリスト/
  • 公認会計士/
  • 税理士/
  • ITパスポート試験/
  • 基本情報技術者試験/
  • 日商簿記検定/
  • ビジネス会計検定/
  • BATIC®(国際会計検定)のスコアアップ/
  • TOEFL®・TOEIC®のスコアアップ

就職

就職先一覧

  • クリナップ/
  • 住友電気工業/
  • 大同特殊鋼/
  • デンソー/
  • トヨタ自動車/
  • 日東工業/
  • 日本特殊陶業/
  • パロマ/
  • リンナイ/
  • 敷島製パン/
  • 西濃運輸/
  • 名古屋鉄道/
  • 西日本旅客鉄道(JR西日本)/
  • 全日本空輸(ANA)/
  • 愛知海運/
  • 資生堂ジャパン/
  • 杉本商事/
  • タキヒヨー/
  • トーカン/
  • 中北薬品/
  • 福田商事/
  • リコージャパン/
  • 名古屋三越/
  • 愛知銀行/
  • 大垣共立銀行/
  • 中京銀行/
  • 名古屋銀行/
  • 三重銀行/
  • 三菱UFJ銀行/
  • 三菱UFJ信託銀行/
  • 愛知信用金庫/
  • 岐阜信用金庫/
  • 瀬戸信用金庫/
  • SMBC日興証券/
  • 野村證券/
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券/
  • 豊証券/
  • 第一生命保険/
  • 東京海上日動火災保険/
  • 三井住友海上火災保険/
  • 中日新聞社/
  • 富士ソフト/
  • マイナビ/
  • しんせい綜合税理士法人/
  • 税理士法人松澤毛利会計/
  • 名南経営コンサルティング/
  • JTB/
  • 日本郵便/
  • 愛知県警察本部/
  • 岡崎市消防本部/
  • 知多市役所/
  • 豊明市役所

研究テーマ

  • 自動車部品メーカーの社会的責任
  • クチコミにおけるハロー効果の存在に関する研究
  • 百貨店業界の変革 −歴史的変遷からの考察−
  • 東京ディズニーリゾートの成功と失敗
  • キャリア構築に関する一考察 −キャリアパスの可視化を中心に−
  • プロ野球選手を利用したマーケティングの研究
  • ビッグデータによる企業の価値創造に関する研究
  • 財務会計概念フレームワークの問題点
  • グルメサイトの経営と会計 −カカクコムとぐるなび−
  • 家電量販店業界の経営分析 −業界大手の財務と戦略−
  • 日本の会計基準と国際会計基準におけるのれん会計処理に関する考察

専攻紹介

ビジネス学科 現代ビジネス専攻

現代ビジネス専攻

・ビジネスイノベーションコース
アイデアを創造し、形にするチカラを養う
・ビジネスアカウンティングコース
ビジネスの言語を読み解き、経営をサポートするチカラを養う

ビジネス学科 グローバルビジネス専攻

グローバルビジネス専攻

世界とつながり、現場で活躍するチカラを養う

学部・大学院トップ