健康栄養学科

健康長寿社会に貢献し、
「チーム医療」で活躍できる管理栄養士を育成します。

健康で長生きすることが注目される現代社会で、「栄養」と「食」の専門家である「管理栄養士」に対するニーズはますます高まる傾向にあります。健常者をはじめ傷病者、高齢者、要介護者および障がい者など、非常に幅広い対象への病気の予防や健康維持のための栄養ケアが求められる中、病院、高齢者施設、行政機関、保健所、学校などさまざまな現場で活躍できる管理栄養士を育成します。また、他学科・専攻との連携を図り「チーム医療」を学べる環境も用意されています。

管理栄養士

多職種連携を学内で学ぶ「在宅栄養管理実習」

在宅における多角的な栄養ケアを学修することを目的とし、管理栄養士、医師、歯科医師、言語聴覚士、視能訓練士という多職種の教員が授業をおこないます。言語聴覚学専攻や視覚科学専攻を擁する愛知淑徳大学ならではの授業で、多職種との連携により管理栄養士がどのような立場でどのような指導をしていくのかを学びます。

健康栄養学科の特色

管理栄養士の実践力を養う
豊富な実習科目

『早期体験学習』『在宅栄養管理実習』『臨床栄養学実習』など、チーム医療・多職種連携を視野に入れた実習科目と、学外の施設・機関でおこなう『臨地実習』を通して実践力を高めます。

管理栄養士国家試験は
全員受験、全員合格をめざします

国家試験を見据えた対策として、特別講義や模擬試験を実施。学生が自分の理解度と苦手分野を把握するために、模擬試験の頻度を高め、教員がきめ細かくフォローする体制を整えています。また、健康栄養多目的演習室/国家試験対策室には、ライブラリーコーナーが隣接され、専門図書や国家試験科目の教科書、問題集をいつでも閲覧できます。

幅広い分野に精通した講師陣が
バックアップします

管理栄養士、医師はもちろんのこと、咀嚼(そしゃく)・嚥下(えんげ)の専門家である歯科医師や言語聴覚士、視機能の専門家である視能訓練士、スポーツ栄養学の専門家などが在籍しています。多彩な講師陣によって、本学ならではの学びを展開します。

※咀嚼・嚥下…食べ物を噛み、飲み込むこと

最先端の実験・実習設備を備えた健康栄養学科棟

01臨床栄養実習室

  • 病院や介護施設を想定したベッドサイドでの栄養ケアを実践できる実習室です。エネルギー代謝や筋肉量・脂肪量を測定する機器も設置されています。

  • 臨床栄養実習室

02スタディーコーナー

  • 健康栄養学科棟の各所に設けられており、個人学習およびグループ学習に効率よく取り組めるようテーブルや椅子の向きを特別にデザインした設計となっています。

  • スタディーコーナー

03健康栄養多目的演習室・国家試験対策室

  • 『臨地実習』の事前・事後学習などをおこなうための教室です。また、国家試験対策室として学生の自主学習の拠点となる施設で、国家試験科目の教科書・問題集が揃ったライブラリーが隣接しています。

  • 健康栄養多目的演習室・国家試験対策室

04給食経営管理実習室

  • 「天井換気システム」や「温度管理システム」などの最新式の設備を完備し、NASAが開発した衛生基準であるHACCPに準拠する最先端の衛生管理の方法を学ぶことができます。

  • 給食経営管理実習室

05理化学実験室

  • 主に「生化学実験」をおこなう実験室です。人体の中でおこっている化学反応を試験管や試薬などを用いて観察します。

  • 理化学実験室

学内施設との連携で学べること

キャンパス内には、愛知淑徳大学クリニック、健康相談室、AS保育室があり、地域住民の皆さまの生活の質の向上に貢献しています。その土壌を活かし、健常者をはじめ傷病者、高齢者、要介護者および障がい者など幅広い対象者の栄養ケアを担うための実践的な学びを展開しています。

健康栄養学科+愛知淑徳大学クリニック

外来患者さんへ栄養指導を実施しています。卒業研究の一環として、糖尿病や高血圧症の治療食献立を作成します。

健康栄養学科+健康相談室

本学の位置する長久手市の地域特性に見合った公衆栄養活動プログラムを企画し、地域の公衆栄養活動事業を実施します。

健康栄養学科+AS保育室

授業で作成したレシピと栄養メモを保護者に配布し、家庭内での栄養教育もおこないます。

授業 PICK UP詳しく読む
早期体験学習(1年次)

管理栄養士の志向性を早期から高めさせることを目的に、医療現場などで体験学習をおこないます。実習先は、愛知淑徳大学クリニック、名古屋大学医学部附属病院、長久手市立長久手給食センターの3施設です。管理栄養士の業務や職場環境などを知り、身につけるべき知識・技術を理解して日々の学修に対するモチベーションを高めます。

食品衛生学実験(2年次)

調理器具の細菌検査、食品の鮮度の測定、添加物や有害物質の検出などをおこない、食の安全を守るための手技を学びます。

栄養カウンセリング論(2年次)

健康的な食生活をどのように形成するかについて理解し、栄養指導に必要なカウンセリングの基礎知識・技術を修得します。

対人技術演習(3年次)

医療人に必要なコミュニケーション技術やマナー、医療現場で求められるビジネススキルなどを、演習を通して身につけます。

医療・福祉・介護と栄養ケア(3年次)

医療・福祉・介護の現場で患者の栄養アセスメント(評価)や栄養ケアのマネジメントができる臨床栄養管理法を学びます。

学びを知る 先輩インタビュー多くの先輩が、健康栄養学科から羽ばたいています。 詳しく読む
  • 先輩インタビュー

  • 管理栄養士になるための基礎を学ぶことで芽生えた、栄養と食を多角的に考える意識。

    在学生

    平野 真歩さん
    健康医療科学部 健康栄養学科 2年生
    (愛知県立昭和高等学校出身)

    スポーツに打ち込む中で体調管理を支える栄養食に興味を持ち、栄養と食について学べる愛知淑徳大学を選びました。管理栄養士の役割や栄養ケア・マネジメントについての基本的な知識と技術の概要を学ぶ『管理栄養士概論』の授業では、病院や事業所の食堂など、現場で活躍する管理栄養士の方々のお話を伺う機会がありました。病院などで患者さんに合った食事を提供するため、栄養価計算をおこなったり、献立を考えたりするだけでなく、自ら調理に携わるケースも。私が思っていた以上に管理栄養士の果たす役割が多岐にわたることを知り、具体的な将来像を考えるきっかけとなりました。また、『調理学』や『食品学』の授業で、パイナップルなどに含まれる酵素が肉をやわらかくすることや、ニンニクやニラに含まれる成分が豚肉に含まれるビタミンB1の体内への吸収を促進させることを学修。さまざまな食材の特性や調理による成分の変化を学び、栄養バランスや食べやすさを多角的に考えながら『調理学実習』に臨むことができました。そして、授業の際には1食分の栄養価計算をおこなうため、日頃から食品の栄養価に関心を持つようになったと実感しています。今後は、さまざまな専門分野から幅広く学び、栄養ケア・マネジメントの知識と技術をさらに磨いていきたいと思います。

学生に寄り添う 先生の声健康、そして栄養のプロが学修をサポートします。詳しく読む
  • 先生の声:榎 裕美教授

  • 榎 裕美教授
    管理栄養士、博士(医学)/専門:高齢者栄養

    超高齢社会で注目されているのが「健康で長生きすること」。その中で「栄養」と「食」の専門家である「管理栄養士」に対するニーズは、ますます高まる傾向にあります。管理栄養士の活躍の場は、病院、高齢者施設、行政機関、保健所、学校など多岐にわたります。そのため、健常者をはじめ傷病者、高齢者、要介護者、障がい者および在宅療養者など、非常に幅広い対象への病気の予防や健康維持のための栄養ケアが求められます。また、現在多くの病院や在宅療養の現場で「チーム医療」が導入され、医師や看護師らと共に患者さんのケアをおこなっています。
    愛知淑徳大学では、これまで医療貢献学科、スポーツ・健康医科学科、福祉貢献学科において、医療・福祉を専門とする学びを展開してきました。その土壌を活かし、他学科・専攻と連携をはかることで、さまざまな現場で活躍できる管理栄養士の育成をめざしています。さらに実際の現場で役立つ知識を身につけるため、本学科では栄養学全般にわたる幅広いカリキュラムを編成しています。あらゆる職域をカバーできる専門知識と技能を身につけ、健康長寿社会に貢献する「栄養」と「食」の専門家を育成していきます。

資格・免許

取得できる資格・免許
  • 管理栄養士(国家試験受験資格)/
  • 栄養士/
  • 栄養教諭一種免許状/
  • 健康運動実践指導者(受験資格)/
  • 食品衛生管理者任用資格
  • 食品衛生監視員任用資格

※任用資格:採用後、特定の業務に任用される時に必要とされる資格

将来の活躍の場

医療・福祉の現場や学校、地域社会や企業など、管理栄養士の活躍の場は広がっています。

  • 医療機関/
  • 高齢者施設/
  • 障がい者施設/
  • 学校・保育所・幼稚園/
  • 食品開発企業/
  • ドラッグストア/
  • 製薬会社/
  • 行政機関/
  • 外食産業 など