スポーツ・健康医科学科

心と身体の健康をめざす、生涯健康社会のリーダーを育成します。

健康に対する人々の関心が高まっている現在、ライフステージや身体状態によって、人はそれぞれの「健康観」を持っています。スポーツ・健康医科学科では、ライフステージに応じた健康のあり方、すなわち「生涯健康」を多面的な学問分野から学修し、多様なニーズに応えることができる人材育成をめざします。インターネットやメディアにあふれる健康に関する情報を、正しい知識によって取捨選択する力、子どもや高齢者、アスリートや障がい者に対して適切な健康支援をおこなう実践力を身につけます。

「生涯健康」について6つの分野から多面的に学び健康科学の総合力を培う

スポーツ・健康医科学科の特色

6つの学問分野を
学べる体系的カリキュラム

生涯健康に関する知識を幅広い学問分野から学びます。各領域での学びが影響し合うことで理解を深め、現場で役立つ力を身につけます。

医師やスポーツ指導者など
第一線で活躍する専門家が指導

医師や医療の専門家、健康スポーツの指導者などが1~4年次まで一貫した「学びの道筋」を立てることで、段階的に高度な知識の修得を可能にします。

学科独自の活動で
指導者としての実践力を修得

学生と教員の親睦を深めるスポーツ大会の企画・運営や、新入生合宿で多くの学生をサポートするなど、指導者としての実践力を修得する機会も用意されています。

スポーツ・健康医科学科の魅力

施設紹介

健康医科学系実習室
  • 超音波診断装置、肺活量計、心電図といった検査機器を備え、生理学的、医学的検査の実習が可能です。

  • 施設紹介

健康スポーツ系実習室
  • 呼気代謝測定装置や脚筋力測定装置といった検査機器を備え、実際に身体を動かしながら身体のしくみを学びます。

  • 施設紹介

健康栄養系実習室
  • 各国の献立を調理する調理実習から、アスリートの栄養サポートを計画して実際に調理する実習まで、幅広い調理実習をおこないます。

  • 施設紹介

授業紹介

スポーツ・健康医科学科の専用施設以外にも、グラウンドや屋内温水プール、テニスコートといったキャンパス内の屋内外の施設を活用し、実際に身体を動かしながらスキルや理論を身につけます。

スポーツトレーニング演習
  • トレーニング指導者としての知識や技術を修得し、その実践的なトレーニング方法を学びます。トレーニングプログラムの作成・実践を通して、一般の人からアスリートまで指導できる力を養います。

  • 授業紹介

保健体育実践演習Ⅰ
  • 4年次の教育実習を見据えて、保健体育の実践的な授業づくりをおこないます。グループで模擬授業とディスカッションを繰り返し、指導力を高めます。

  • 授業紹介

TOPICS学生たちが主体となり、学科全体を盛り上げるため数々の活動をおこなっています。 詳しく読む
スポーツ大会

入学間もない1年生が仲間や先輩、教員との親睦を深め、主体性やチームワークを養うことを目的としています。企画・運営をおこなう学科の2年生にとっても、課題発見・解決力などを磨く貴重な機会となります。

  • TOPICS

  • TOPICS

講演会

学生たちが自らの将来像をイメージし、深く考えるきっかけとなるよう、さまざまな職種の方々や卒業生を講師としてお招きしている講演会です。

  • TOPICS

  • TOPICS

就職決定者の声多くの先輩が、スポーツ・健康医科学科から羽ばたいています。 詳しく読む
  • 就職決定者の声

  • 段階的に学ぶ大切さを身をもって実感。基本をふまえた指導を着実に実践していく。

    卒業生

    浅野 友太さん
    健康医療科学部 スポーツ・健康医科学科 2018年度卒業
    (名古屋市立桜台高等学校出身)
    就職先:愛知県教育委員会(中学校教諭・保健体育)

    高校時代の部活動で、人に教えることにやりがいを感じ教員をめざすことに。学科には、現場を熟知した元教員や医師、スポーツ心理学などの先生が揃い、スポーツの指導方法から体の構造、メンタルヘルスまで幅広く学ぶことができました。なかでも実技の授業では各競技の専門家から指導を受け、水泳で苦手だったバタフライを克服。段階を踏んで練習する大切さを身をもって知りました。基本から少しずつ難度を上げ、上達するコツをつかんでいく。大学で学んだ指導法を生徒たちに対し着実に実践していこうと思います。

4年間の学び(2019年度)

生涯健康に関する幅広い知識を身につけ、それらを精査・発信・実践できる指導力を持つ人材へ。

健康科学を多面的に学ぶ1年次

基礎医学・臨床医学をはじめ、栄養学やメンタルヘルスといった健康医科学分野の基礎知識と、スポーツ・健康医科学の各領域に関する基礎知識を多面的に学びます。

各領域の専門的な学びがスタート2年次

演習や実技といった各領域の専門的な学びがスタート。自ら身体を動かして実証することで、3・4年次の研究や社会で活用できる実践力へと高めていきます。

専門領域を追究し研究成果をカタチに3・4年次

各領域の学びを深め、自身の関心に応じて研究テーマを設定。文献研究やデータ収集などをおこない、科学的な分析方法や洞察力を養い、研究発表や卒業論文の執筆につなげていきます。また、教員をめざす学生は4年次に教育実習に参加します。

4年間の学び

時間割例

1年次前期

時間割例

中学校、高等学校の保健体育教諭一種免許状が取得可能

中学校、高等学校の保健体育の教員をめざす学生は、学科の科目以外に教職課程科目を履修。教育の理論や学級活動、学校行事の指導法から、指導計画や具体的な授業づくりなどを、4年次の教育実習を見据えて1年次から学んでいきます。

資格・免許

取得できる資格・免許
  • 中学校教諭一種免許状(保健体育)/
  • 高等学校教諭一種免許状(保健体育)/
  • スポーツプログラマー(日本スポーツ協会公認スポーツ指導者)(受験資格)/
  • 健康運動指導士(受験資格)/
  • 健康運動実践指導者(受験資格)/
  • トレーニング指導者(受験資格)/
  • 健康管理士一般指導員(受験資格)
目標とする資格など
  • 初級障がい者スポーツ指導員/
  • レクリエーション・インストラクター

就職

就職先一覧
  • 愛知県教育委員会/
  • 東京都教育委員会/
  • 名古屋市教育委員会/
  • 愛知県警察本部/
  • アクトス/
  • アシックスジャパン/
  • アルペン/
  • ANA新千歳空港/
  • 岡﨑信用金庫/
  • 協和医科器械/
  • 警視庁/
  • 興和/
  • サントリービバレッジサービス/
  • スズケン/
  • スターバックスコーヒージャパン/
  • 東海旅客鉄道(JR東海)/
  • 名古屋港管理組合/
  • 名古屋市消防局/
  • マイナビ/
  • 明治安田生命保険/
  • 名鉄観光サービス/
  • 山崎製パン/
  • RIZAP/
  • LEGLLAND Japan

研究テーマ

  • スポーツにおける身体の動作分析
  • 体力要素ごとの至適なウォーミングアップ方法とタイミング
  • スポーツタイツ着用がランニング中の生理的応答に与える影響
  • 運動中の氷飲料(アイススラリー)摂取が持久性運動能力に及ぼす影響
  • 中学・高校での体育授業の充実度とその後の人格形成との関連
  • アイシング処置が筋疲労・筋力に及ぼす影響
  • 摂取する糖質の違いが精神的ストレスに及ぼす影響
  • 大学生のストレスと生活習慣