公的研究費の管理について

 本学は「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)に基づき、公的研究費の適正な管理、公正な研究活動の推進のため、次の方針を定め取組を行っています。

研究活動上の行動規範

 本学は、学問的に蓄積された知的学術的資産の継承と新たな創造、さらにそのプラグマティックな活用を視野に入れた研究活動を大学教育の必須不可欠な基盤として考えています。こうした考えに立脚し、本学の研究体制をよりいっそう充実させることはもとより、本学に所属する研究者各個の研究活動の成果が社会的な負託にこたえ、広くその信頼と尊敬を獲得していくことを研究の目標とします。

研究活動不正行為防止に関する規程

 最高管理責任者である学長は、統括管理責任者(副学長)及びコンプライアンス推進責任者(学部長・研究科長など部局長)が責任を持って競争的資金等の運営・管理が行えるよう、適切にリーダーシップを発揮し、不正防止対策の基本方針を策定、周知するとともに、それらを実施するために必要な措置を講じます。また、本学における研究費の管理及び研究活動上の不正行為防止に際しては、最高管理責任者の元、統括管理責任者を長として、不正行為防止対策に関する事項の審議や研究活動における不正行為についての調査・裁定を行う不正行為防止対策委員会が設置されています。

利益相反マネジメント指針

 本学は、「愛知淑徳大学研究活動上の行動規範」において、所属する研究者各個は時代や社会の要請に応え、それらの発展に寄与貢献する責任をもつとともに、行動規範を遵守し、みずからの研究活動を公正な意識のもとに行わなければならないことを掲げています。一方、大学が産学官連携をはじめとする社会貢献活動を推進するにあたり、適切な利益相反マネジメントを実施することにより、本学教職員が安心して社会貢献活動に参加できる環境を整備し、社会的責任を果たすことを目的として、愛知淑徳大学利益相反マネジメント指針を定めています。

通報窓口

 研究活動における不正行為に関する通報及び申し立ての窓口は、以下のとおりです。

窓口
  1. コンプライアンス推進責任者(学部長など各部局の長。学内からに限る)
  2. 研究倫理教育責任者(学部長など各部局の長。学内からに限る)
  3. 総務事務室
受付方法

 原則顕名としますが、匿名の通報の場合は、当該通報に信ずるに足る相当の理由・証拠等があるものに限り受け付けます。なお、不正の利益を得る目的、本学又は第三者に損害を加える目的その他誹謗中傷等の不正の目的をもっての通報は禁止されています。

相談窓口

 公的研究費使用に関する事務処理手続に関する相談窓口は、以下のとおりです。
(事務手続きに必要となる様式については、CampusSquare(学内専用)参照)

窓口

学部等事務室
電話 0561-62-4111(代) FAX 0561-63-9308

物品購買に係る取引停止等に関する内規

 不正な取引に関与した業者に対して、取引停止等の処分を定めています。本学の教職員から不正な行為(預け金、差替え、前年度納入など)の依頼等があった場合は、下記の窓口へご連絡ください。

窓口

事務局総務事務室