ビジネス学科 グローバルビジネス専攻

経営学・商学・会計学・経済学を横断的・複合的に学び、ビジネスの世界を実践的に学修する。

世界とつながり、現場で活躍するチカラを養う

グローバル化が進み、ビジネスの現場は大きく変化しています。今、ビジネスの現場は世界とつながり、日本の企業も世界を舞台に活動しています。グローバルな競争の中で、どのようなスキルや専門性を身につけたら良いのでしょう? この専攻では、グローバルなビジネスの現場に必要な専門知識を、日本語と英語のバイリンガルで学びます。

基礎的なビジネス英語から、段階的に学びをサポート!

日本語もしくは日本語と英語のバイリンガルで、グローバルなビジネスの現場に必要な専門知識と英語スキルを段階的に修得していきます。

TOPICS座学に留まらず、グローバルビジネスに必要な様々な力を実践的に養います。 詳しく読む
Bilingual Internship Overseas/Bilingual Internship Domestic

3年次の2〜3月頃にかけて、全員が海外または国内の企業でのインターンシップに参加します。国内は東京、海外はホーチミン(ベトナム)、シアトル(アメリカ)からインターンシップ先を選択し、ビジネスの現場における実践的な学びを体験します。学びの集大成となるインターンシップに向けて1年次から事前研修を重ね、しっかりと準備をおこないます。

  • ●ダイバーシティとビジネス
    グローバル化が進むビジネス界において、世界中の企業が「ダイバーシティ(多様性)」に力を入れています。企業が多様な価値観を持つ人材を活用し、新たなビジネスを展開する中、1回目の研修ではビジネスにおけるダイバーシティの重要性を学びました。

    ダイバーシティとビジネス

  • ●世界の働き方
    2回目の研修では、海外における「働く意義」や「信頼関係の築き方」などを学ぶグループワークを実施。海外の旅行会社で研修している学生を例に、仕事の進め方、積極性、コミュニケーション、文化の違いの観点から、問題点と改善点を考察しました。

    世界の働き方

  • ●グローバル人材論(入門編)
    最終回では「グローバルに活躍できる人材に必要な力」をテーマに展開。「全体を俯瞰する力」「想像力と創造力」「日本語と英語のコミュニケーション力」などを身につけるため、「東南アジアでの新事業の立ち上げ」のワークショップをおこないました。

    グローバル人材論(入門編)